スバルの人気SUV「フォレスター」に、この夏、スポーティグレード「STIスポーツ」が追加されます。どんな魅力を秘めたクルマなのでしょうか?

 2022年6月27日、スバルは人気SUV「フォレスター」のスポーティグレード「フォレスター STIスポーツ」を公開しました。同年夏には正式発表となる予定です。

 5代目となる現行フォレスターは、2018年6月にデビューしました。乗る人すべてが愉しく快適な空間を共有できるよう、取り回しのよさと室内の広さを両立したパッケージングや、使い勝手のいい装備を採用。SUVらしい、たくましさを感じられるデザインも好評で、グローバルマーケットにて展開されるスバルの最量販モデルとなっています。

 そんな現行フォレスターに今夏の商品改良で追加予定の新グレード・STIスポーツは、SUVであってもスポーティで質の高い走りを求めるユーザーの、欲張りニーズに応えるモデルです。

 スバルのモータースポーツ活動を担い、スバル車向けのチューニングパーツや、スバル車ベースのコンプリートカー開発なども手がけるSTI(スバルテクニカインターナショナル)が走りを調律。

 たとえば、力強くしなやかに路面をとらえる専用のSTIチューニングダンパーなどにより、フォレスターの走りを100分の1秒単位でブラッシュアップし、スポーツセダンのようにドライバーの意のままに動くハンドリングと、なめらかで質感の高い乗り心地を両立しています。

 そんなフォレスター STIスポーツのエクステリアは、各部にツヤのあるブラックパーツをあしらい、同グレードならではの上質さとスポーティさを表現。対するインテリアは、他モデルのSTIスポーツと同様、熟成された深みのあるボルドー×ナッパレザー素材に包まれる“上質な空間”を演出しています。

 気になるパワートレインは、1.8リッターの水平対向4気筒直噴ターボに、“アクティブトルクスプリットAWD”と呼ばれるスバル自慢の4WDシステムを組み合わせたもの。

 177馬力/300Nmというスペックからも明らかなように、ターボエンジンといっても、このCB18型ユニットはパワー追求型ではありません。しかし、わずか1600回転で最大トルクを発生するため発進加速が力強く、ストップ&ゴーがつづく街中や高速走行時のクルージングは乗りやすくて快適です。こうしたエンジン特性は“大人のためのスポーツグレード”といった位置づけのSTIスポーツにがベストマッチといえるでしょう。

 モータースポーツ活動を通じてスバル車の走りをブラッシュアップするSTIが、歴戦で培ったノウハウと技術を注ぎ込み、SUVの走りを深化させたフォレスター STIスポーツ。ステアリングを切るたびに味わえるというクルマとの濃密な一体感を、体験できる日が来るのが楽しみです。