実車はこれが世界初公開。マセラティの新型SUV「グレカーレ」と新型オープンスーパーカー「MC20チェロ」が英国グッドウッド・フェスティバルに登場しました。

マセラティのブランドアンバサダーを務めるベッカム選手

 ステランティスの伊ブランド、マセラティは、2022年6月23日から26日まで英国で開催された「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」において、コンパクトSUV「グレカーレ(GRECALE)」と「MC20チェロ(MC20 Cielo)」を初公開しました。

 グレカーレは“The Every day Exceptional(毎日が格別)”をコンセプトとするマセラティ初のコンパクトSUVで、2022年3月に世界初公開されました。

 コンパクトSUVといっても、全長4859mm×全幅1979mm×全高1659mm、ホイールベースは2901mmというボディサイズで、5人乗りのSUVとなります。BMW「X5」やメルセデス・ベンツ「GLE」などとライバル関係になります。

 グレードは3種類で、300馬力・450Nmを発生するマイルドハイブリッドの2リッター直列4気筒ターボを搭載した「GT」、330馬力・450Nmを発生するマイルドハイブリッドの2リッター直列4気筒ターボを搭載した「モデナ(MODENA)」、そして、スポーツカー「MC20」に搭載されたマセラティ独自の「ネットゥーノ(Nettuno)」エンジンをベースとする、530馬力・620Nmを発生する3リッターV型6気筒ツインターボを搭載するトップグレード「トロフェオ(TROFEO)」になります。

 すでに日本での価格も発表されており、消費税込みの車両価格はグレカーレGTが862万円、グレカーレ モデナが1046万円、グレカーレ トロフェオが1395万円です。デリバリー開始は2023年初旬を予定しています。

 一方、MC20チェロは2020年に登場したマセラティのスーパーカー、MC20をベースにしたオープンモデルで、2022年5月に世界初公開されました。格納式ガラスルーフを採用することで、スポーティさとラグジュアリーの究極の組み合わせを実現しているといいます。

 ボディサイズは全長4669mm×全幅1965mm×全高1218mm、ホイールベース2700mmで、車両重量は1540kgと、クーペモデルよりもわずか65kg重いだけです。

 搭載されるエンジンはクーペモデルと同様、「ネットゥーノ」と呼ばれるマセラティ100%自社製のエンジンで、3リッターV型6気筒ツインターボは最高出力630馬力・最大トルク730Nmを発生。組み合わされるトランスミッションは8速DCTで、これらにより0−100㎞/h加速は3.0秒、最高速度は320㎞/hというパフォーマンスを発揮します。

 日本での価格は3385万円(消費税込)を予定しており、すでにオーダー受付を開始しています。デリバリーの開始は2023年初頭を予定しています。

* * *

 今回、グレカーレ・トロフェオに乗ってグッドウッドに登場したのは、元プロサッカー選手のデイビッド・ベッカム氏。

 ベッカム氏は、世界のスポーツ、慈善家、ビジネスマン、スタイルのパイオニアの象徴として、2021年からマセラティのグローバルブランドアンバサダーを務めています。

 さらにMC20チェロもグッドウッドのヒルクライムに登場、その性能を観客に見せつけました。