ジープの人気コンパクトSUV「レネゲード」にブラックの各部パーツが光る特別仕様車「ナイトイーグル」が設定されました。

ボディカラーは2色を用意

 ステランティスジャパンは2022年7月12日、Jeep(ジープ)ブランドのコンパクトSUV「Renegade(レネゲード)」に、内外装を個性的に演出した特別仕様車「Renegade Night Eagle(レネゲード・ナイトイーグル)」を設定し、同年7月23日より販売を開始すると発表しました。

 レネゲードは全長4255mm×全幅1805mm×全高1695mmというボディサイズのコンパクトSUVです。151馬力・270Nmを発生する1.3リッター直列4気筒ターボ マルチエアエンジンを搭載し、フロントを駆動します。

 今回登場した特別仕様車、レネゲード・ナイトイーグルは、充実した装備と価格が特長の「Longitude(ロンジチュード)」をベースにしています。

 フロントグリル全体をダークな色調で統一したブラックグリルや、グロスブラックのドアミラー、18インチにサイズアップされたグロスブラックアルミホイールにより、モダンな雰囲気に仕上げられています。

 さらに、ブラックの「Jeep」バッジや、グラナイト仕上げの「Night Eagle」バッジなど、細部を引き立てるアクセントパーツもダークな色合いでコーディネートされています。

 ボディカラーはスティンググレーを設定、標準モデルとはひと味違ったジープの世界観を演出しています。このほか、人気のアルパインホワイトも選択可能です。

 インテリアも、ステアリングホイールやエアコン吹き出し口、スピーカートリムなど随所にグロスブラックのアクセントカラーを採用します。さらにシルバーのアクセントステッチを施したファブリックシートや、高さ調整が可能なカーゴフロアを特別装備しています。

 このほかの装備はベース車に準じており、7インチタッチパネル付オーディオシステム「Uconnect」や、オートエアコンディショナー、エレクトロニックパーキングブレーキといった快適装備のほか、車線から逸脱しそうになった時に注意を喚起する「ラインセンス」車線逸脱警報プラス、車庫入れの際に便利な「パークビュー」リアバックアップカメラ、安全な車線変更をサポートするブラインドスポットモニターなど、安全装備機能が充実しています。

 レネゲード・ナイトイーグルの車両価格(消費税込)は361万円です。