ヒョンデからクーペ風セダンEV「アイオニック6」が世界初公開されました。

一充電航続可能距離は610km以上

 韓ヒョンデは2022年7月14日、電気自動車(EV)のクーペ風セダン「IONICQ 6(アイオニック6)」を世界初公開しました。

 アイオニック6は、ヒョンデのEV専用ブランド「アイオニック」第2弾となるモデルです。第1弾は日本市場にも導入されている5ドアハッチバック「アイオニック5」で、それに続くモデルとなっています。

 全長4855mm×全幅1880mm×全高1495mm、ホイールベースは2950mmという、いわゆるEセグメントといわれる上級セダンになります。

 ヒョンデグループのEV専用プラットフォーム「E-GMP」を採用したモデルで、搭載されるリチウムイオンバッテリー容量は77.4kWh。エネルギー効率は14kWh/100kmと、同セグメントのなかではもっとも高効率だといいます。これにより、1充電での航続可能距離は610kmを超えるといいます。

 インテリアは「繭」のようなパーソナルスペースをデザインしたといいます。シートは従来モデルよりも30%薄く作られ、より広い室内空間を実現しています。さらに12インチのタッチスクリーンインフォテイメントディスプレイを搭載、現在の充電状態に基づいて、リアルタイムで移動半径マッピングを教えてくれます。これは途中で充電ステーションを含めての最適なルート検索が実現可能です。

 後輪駆動(RWD)または全輪駆動(AWD)が選択可能で、AWDは前後ふたつのモーターを搭載します。最上位モデルのトータル出力は239kW(325馬力)・605Nmを発生、0−100km/h加速は5.1秒というパフォーマンスを誇ります。

 アイオニック6は、アイオニック5と同様、ビークルtoロード(V2L)を実現。あらゆる家庭用電気機器を充電することが可能で、停電時やキャンプなどに有効です。

※ ※ ※

 価格はまだ発表されていませんが、2022年第3四半期から生産が開始される予定です。その後まもなく韓国市場および欧州市場で展開されます。米国市場モデルは2023年第1四半期より生産が開始される予定です。
 
 日本市場への導入はまだ発表されていません。