トヨタから新型「クラウン」が発表されました。一体、どのような内容なのか。また、今後はどのように展開するのかを考えてみました。

単一モデルではなくシリーズとなった

 今回フルモデルチェンジされたトヨタ新型「クラウン」には、驚くような大きな変化がいくつも見ることができます。

 その中でも最大の変化であり、驚きは「複数モデルが存在する」ということ。つまり、クラウンという単一のモデルではなく、クラウンというシリーズになったことを意味します。

 考えようによっては、レクサスとは別の、トヨタの高級サブブランドという形で「クラウン」という新たなブランドが誕生した、という言い方もできるでしょう。

 今回、発表されたのは4モデルです。最初に発売が予定されているのが「クロスオーバー」。セダンとSUVが融合され、背が高くなり、運転席からの視点も高く、乗り降りしやすく運転しやすいのがメリットとなります。発売は2022年の秋になるとか。

 次のモデルは「スポーツ」。乗り降りしやすく運転しやすいSUVパッケージでありながら、俊敏でスポーティな走りが楽しめます。トヨタは「スポーツSUV」だと説明します。

 そして「セダン」も用意されます。過去に「セダン廃止」の報道もありましたが、フタを開けみれば、もともとの車形であるセダンは存続となったようです。正統派を目指し、ショーファーニーズにも応えることができるようです。ハイヤーや社用車に使われることでしょう。

 そして最後が「エステート」。これもSUVパッケージングをベースにステーションワゴンの要素を盛り込んだモデル。後席がフルフラットになり、たくさんの荷物を積むことができるようです。

 新型クラウンは、その内容も従来型とは大いに変わっていました。

 これまでのクラウンは、オーソドックスな大型セダンと同じく、エンジンを縦に置いた後輪駆動という形式を守っていました。いわゆるFR駆動車です。

 ところが最初に発売されるクラウン クロスオーバーは、エンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドに、後輪駆動のモーターを加えた4WDであると説明されました。エンジン/モーターのハイブリッドは前輪を駆動します。つまり新型クラウン クロスオーバーはFF駆動のレイアウトとなっていたのです。

 当然、他の車型もFF駆動のレイアウトを採用するはず。つまり、駆動方式が変更されていたのです。ただし発表されたクラウンシリーズのシルエットを見ると、セダンだけはFRベースになっている可能性もあります。

 また、これまでのクラウンは、ほぼ日本国内専用車ということで全幅が大きくなるのを抑えていました。先代モデルでも全幅1800mmを堅持していたのです。

 ちなみに、現行の「カローラスポーツ」の全幅は1790mm。コンパクトモデルに類されるカローラスポーツと、ほぼ同じ全幅はさすがにやりすぎだったのでしょう。新型クラウン クロスオーバーの全幅は1840mmとなっています。

発売は2022年の秋を皮切りに、2024年1月までに4モデルを発売

 そして、最後の大きな変化は販売です。これまでクラウンは、ほんのわずかな例を除き、ほとんど日本国内モデルとして発売されてきました。

 ところが新型「クラウン」は、世界約40か国での販売を予定しています。販売台数は年間20万台を予想しているそうです。「このクルマはきっと、クラウンの最高傑作になると思っております」「日本のクラウン、ここにあり」とトヨタ社長である豊田章男氏は胸を張ります。

 今回、発表された新型クラウンは、2022年の秋の「クラウン クロスオーバー」を皮切りに、4モデルすべてが、これから1年半の間に発売されるとアナウンスされました。

トヨタ新型「クラウン」シリーズ。2024年1月までに4車種が出揃う

 つまり、今年の9月から11月に最初のクラウン クロスオーバーが発売され、1年半後になる2024年1月までに、残りの3モデルが投入されます。

 等間隔であれば、2022年の春と秋でしょうか。つまり、2022年の秋、2023年の春と秋、そして最後に2023年から2024年初頭の冬という具合です。

 ちなみに発表時の記者会見で「GRバージョンは私的には考えていない」と豊田章男社長は説明していました。

 ただし、2021年12月の「バッテリーEV戦略に関する説明会」で披露されたEVたちの中に、今回発表されたクラウン スポーツとそっくりなクロスオーバーEVがありましたので、もしかするとEVバージョンもそのうちに登場するかもしれません。

 また、世界40か国で発売されるということは、日本だけで生産するのではなく、海外での生産される可能性もあります。そうとなれば、海外市場に合わせたバリエーションも生まれることでしょう。

 世界で販売されるカローラは、日本とは異なる、さまざまな仕様が用意されています。それと同じことがクラウンでも起こるということです。

※ ※ ※

 この先のクラウンの展開が、どのようになるのかは誰にもわかりません。

 しかし、日本市場に拘泥することをやめ、世界へ挑戦することを選んだことを、トヨタは決して後悔しないのではないでしょうか。

 なぜなら挑戦には失敗のリスクも当然含まれています。トヨタは、そのリスクを承知で挑戦しているはず。そこで成功を獲得することが革新と呼ぶのではないでしょうか。