4代目へと進化した日産自動車の新型「エクストレイル」。そのハイライトは、最新技術を惜しみなく盛り込んだメカニズムにありました。まさに“技術の日産”を象徴する1台といえそうです。

e-POWERの可能性を広げたVCターボエンジン

 待望のフルモデルチェンジを果たした日産自動車の新型「エクストレイル」。そのハイライトは、プラットフォームからパワートレインまで、完全刷新されたメカニズムにあるといっても過言ではありません。

 三菱「アウトランダーPHEV」と共用する新型エクストレイルのプラットフォームは、不快なロードノイズを抑制する新設計タイプ。エンジンノイズなどの遮音も徹底することで、ハイレベルの静粛性を実現したといいます。

 そこに搭載されるパワートレインは、全モデルともハイブリッドに。しかも、かつて用意されていたものとは異なり、日産自慢の“e-POWER”を新投入しています。

 新型エクストレイルに搭載されるe-POWERは、モーターとインバーターの刷新によって力強さとなめらかさ、静かさが進化した第2世代のもの。モーター駆動用の電力を発電するエンジンには、日産が世界で初めて量産化に成功した可変圧縮比エンジン“VC(Variable Compression=可変圧縮)ターボエンジン”が採用されています。

 e-POWER用にチューニングされたVCターボエンジンは、第1世代e-POWERのエンジンと比べ、出力が大幅に向上。これにより、走行中のエンジン回転数を抑えることが可能となり、圧倒的な静粛性と力強い走りの両立を実現したといいます。

 また新型エクストレイルは、アクセルペダルだけで車速を自在にコントロールできる“e-Pedal Step”を導入。ストップ&ゴーを繰り返す市街地走行でのドライバビリティを高めているほか、油圧ブレーキと回生ブレーキを最適制御することで、すべりやすい雪道や下り坂でも安心してドライブできるようにしています。

●GT-Rの技術をフィードバックしたe-4ORCE

 そんな新型エクストレイルの心臓部に組み合わされるのは、日産の電動化技術と4WD制御技術、シャシ制御技術を統合した新時代の電動駆動4輪制御技術“e-4ORCE(イーフォース)”です。

 これは、前後2基の高出力モーターと左右のブレーキを統合制御することで、4本のタイヤの駆動力を最適化する日産が誇る最新テクノロジー。「GT-R」に採用された電子制御トルクスプリット4WDシステム“アテーサE-TS”と、日産「パトロール」に搭載された“インテリジェント4×4システム”などの開発を通じて誕生した技術であり、電動車ならではのスムーズで安定した出力とブレーキ性能の実現を目指したものです。

 そんなe-4ORCEの特徴は、走行性能と快適性の双方に効くテクノロジーであることです。

 e-4ORCEは路面と車両状況を瞬時に判断し、タイヤの摩擦力を最大限使い切れるよう前後モーターの駆動力やブレーキをきめ細かく制御。これにより、最小限のステアリング操作で思いどおりのコーナリングを可能とし、ドライバーの意のままの走りを実現します。

 一方、オフロードや雪道において、常に最適なトラクションを確保するe-4ORCEは、タイヤのスリップやスタックを回避し、スムースな発進/走行を可能とするなど、路面を問わず安心感を生み出します。

 また、e-4ORCEは市街地走行においても効果を発揮。減速時に前後モーターそれぞれの回生量を調整し、走行中の車体の挙動を安定させることで乗員の頭が前後に揺れるのを軽減。乗る人すべてに快適な乗り心地を提供します。

 もちろんe-4ORCEは、高出力モーターがアクセルペダルの踏み込みにすばやく応答し、伸びのある加速を実現するため、高速道路での合流などもスムーズ。力強くなめらかな走りを味わえます。

* * *

 VCターボ×e-POWERによる強心臓と、新時代の電動駆動4輪制御技術e-4ORCEを搭載した新型エクストレイル。従来からの美点である高い悪路走破性はもちろんのこと、パワフルな加速力と胸のすくハンドリング、そして優れた静粛性などによる抜群の快適性を全方位的に具現したその走りは、まさに見どころです。