世界最大規模のEVメーカー、BYDが日本上陸、2023年に3車種を発売するそうです。

SUV,コンパクトカー,セダンを2023年中に発売

 BYDの日本法人、ビーワイディージャパン(BYDジャパン)は2022年7月21日、日本の乗用車市場の参入を発表しました。

 中国・深センに本社を構えるBYDは、乗用車のほかEVバスやトラックなどの商用車を含む新エネルギー車(NEV)を世界70を超える国と地域、400を超える都市で展開する世界最大手の自動車メーカーです。

 とくにBYDの乗用車は2021年、前年比220%増の約60万4000台のNEVを販売。さらに2022年1〜6月には前年同期比3倍超となる約64万台を販売し、NEV販売台数世界No.1となっています。

 今回発表されたのは、2023年1月より順次日本で販売する予定のEV3車種です。

 まず最初に登場するモデルは、ミドルサイズSUV「ATTO3(アットスリー)」です。全長4455mm×全幅1875mm×全高1615mm、ホイールベース2720mmのフロント駆動のSUVは、2022年2月に中国で発売して以降、シンガポールやオーストラリアなどでも好評を得ているといいます。

 BYD が独自開発した「ブレードバッテリー」を搭載したEV専用のプラットフォーム「e-Platform 3.0」を採用し、WLTPで485kmの航続距離となっています。フラットな床面によって広い車内空間と440リッターの荷室容量を実現します。2023年1月に日本発売予定です。

 続いて2023年中頃に登場予定なのはコンパクトEVハッチバック「Dolphin(ドルフィン)」です。

 ドルフィンは全長4290mm×全幅1770mm×全高1550mmのコンパクトハッチバックで、44.9kWhと58.56kWhの2種類の電池容量を用意。航続可能距離はそれぞれ386kmと471kmとなります。

 また2023年下半期に登場予定なのは、EVセダン「SEAL(シール)」です。

 シールは 2022年5月に発表したばかりの最新モデルで、全長4800mm×全幅1875mm×全高1460mmというミドルサイズのセダンになります。後輪駆動の「スタンダード」、全輪駆動の「ハイグレード」を用意、82.56kWhのバッテリー容量で555kmの航続距離を実現しています。

 車両価格は発表されていません。

※ ※ ※

 2022年7月30日から8月28日まで、神奈川県横浜市の横浜赤レンガ倉庫イベント広場で開催される『RED BRICK BEACH 2022 presented by BYD AUTO JAPAN』にトップスポンサーとして協賛、期間中会場内に「アット3」「ドルフィン」「シール」を展示します。また会場ではアット3を試乗することもできます。