481馬力・535Nmを発生するV型8気筒エンジンを搭載した最強のiS、レクサス「IS500」が日本で発表されました。

特別仕様車“F SPORT Performance First Edition”も500台抽選販売

 レクサスは2022年7月21日、Dセグメントセダン「IS」に5リッターV型8気筒エンジンを搭載した「IS500 F SPORT Performance(IS500 Fスポーツ パフォーマンス)」を同年8月25日より日本国内で新たに導入することを発表しました。

 先日発表したRX500h F SPORT Performanceと同様に、従来のF SPORTパッケージの仕様に加えて、パワートレーンを強化したパフォーマンスモデルとして「F SPORT Performance」パッケージをIS500に新規設定。

 481馬力・535Nmを発生するV型8気筒エンジンを搭載し、伸びやかで気持ちの良い加速のエモーショナルさや官能的サウンドを追求しています。

 AVSやEPSにチューニングを施し、リアに「パフォーマンスダンパー®*1」を追加することで、さまざまなドライビングシーンに応じた乗り心地と操縦安定性を実現。加えて、ブレーキにはフロントに356mm、リアに323mmの大径ブレーキーローターを採用することで、制動力を向上させています。

 日本国内導入にあたり、特別仕様車“F SPORT Performance First Edition”を500台抽選販売します。抽選の申し込みは、8月25日から9月15日まで販売店で受付し、9月下旬より順次商談を開始します。また、IS500の通常モデルの販売に関しては、2022年冬以降に案内予定です。車両価格は発表されていません。

 レクサスインターナショナル製品企画担当、小林直樹氏は「IS500は、コンパクトFRスポーツセダンISが持つ優れた操縦性や上質な乗り心地に加えて、パワーや官能的なサウンドをお求めになるお客様のご期待にお応えするべく日本国内導入を決めました。

 V8の魅力を最大限に引き出すクルマの基本素性を実現するため、下山テストコースで徹底的に走り込み、鍛え上げました。LEXUSらしい上質な乗り心地を味わいながら、パワーと走りの質感の高さがもたらす大人のゆとりを楽しんで頂けることと思います。IS500でも拘った基本素性を鍛え上げることや運転する楽しさを追求するもっといいクルマづくりは、今後の電動車開発にも繋がっていきます。これからも是非ご期待ください」とコメントしています。