人気のスタイリッシュ・クーペSUV、VW「Tロック」がマイナーチェンジをおこないました。内外装ともに質感がアップされています。

日本初上陸から2年で大幅マイナーチェンジ

 フォルクスワーゲンジャパンは2022年7月25日、クロスオーバーSUV「T-Roc(Tロック)」をマイナーチェンジ、改良新型モデルを発売しました。

 Tロックは、2017年8月に欧州で世界初公開されたクーペSUVです。

 Tロックは欧州デビューからわずか4年で、全世界で100万台以上が販売されるベストセラーカーとなっています。 

 日本でも2020年7月から販売開始。手ごろなサイズ感とスタイリッシュなスタイリングで人気となり、2021年(1月から12月)における登録台数は7241台と、輸入車SUVカテゴリーのなかでTクロスに次いで2位となっています。

 また2022年上半期(1月から6月)の登録台数も、2778台で輸入車全体の7位にランクインしています。

 ボディサイズは全長425mm×全幅1825mm×全高1590mmで、VWのSUVモデルとしては「Tクロス」(全長4115mm)、「ティグアン」(全長4500mm)の中間となるコンパクトSUVになります。

 今回、マイナーチェンジをおこなった新型Tロックは、ダッシュボードやドアトリムにステッチを施したソフト素材やレザレットを新たに採用するなどのインテリアの改良により、質感が大幅に向上しています。

 またインフォテイメントディスプレイはタブレットのように配置され、全グレード標準素王日のデジタルメータークラスターやタッチコントロール式エアコン操作パネル、新デザインのステアリングホイールなど先進的なインテリアとなっています。

 エクステリアデザインも刷新。前後バンパーの意匠変更をおこない、ライト周りのデザインも刷新されました。フロントグリルにはエンブレムを挟んで左右に1本LEDストリップが設置されたほか、フロントエプロンには新デザインの六角形のデイタイムランニングライトが 装備されています。

 展開は5グレード。トラベルアシストやパークアシストなどの最新の運転支援システムを標準装備とした「TSI Active」をエントリーグレードに設定。

 LEDマトリックスヘッドライト「IQ.LIGHT」やパワーテールゲートを標準装備した「TSI Style / TDI Style」、 R-Line専用エクステリアやシートを身に纏い、18 インチアルミホイールを装着した「TDI R-Line」、 そしてTロックで唯一フルタイム4輪駆動の“4MOTION”を採用し、アダプティブシャシーコントロール“DCC”を 標準装備、内外装でスポーティーな専用の内外装に加え、専用のスポーツサスペンションにブルーで ペイントされたブレーキキャリパーを装着したハイパフォーマンスモデル「R」となります。

 改良新型Tロックの消費税込みの価格は以下のとおりです。

・TSI Active:394万3000円
・TSI Style:417万9000円
・TDI Style:439万3000円
・TDI R-Line:460万9000円
・R:626万5000円