2017年も夏ドラマが始まり、各作品がこれからどのような展開を魅せてくれるのかとても楽しみです。思えば今年の春ドラマも、今と同じように期待感満載でドキドキしながら視聴していたものです。すべての作品が最終話を迎え完結した今、皆さんの心に残った春ドラマ作品はどんなドラマだったのでしょうか?

そこで今回は、2017年春ドラマを振り返り、特に心に残ったドラマ作品を5本選んで改めて紹介させていただきます。世間を賑わした話題の作品から、通好みのあの深夜ドラマまで、心に残る名作ドラマたち。これから視聴される方もいるでしょうから、出来るだけネタバレしないように紹介します。

小さな巨人

警視庁本庁と所轄の確執、警察内部の戦いを描いたTBS系ドラマ作品『小さな巨人』。視聴率もほとんどの回で13%を越え、最終話では16.4%。昨今のドラマの中では大成功と言える結果だったのではないでしょうか?

見どころはやはり、長谷川博己さん演じる主人公「香坂真一郎」、そして香川照之さん演じる捜査一課長「小野田義信」との争い。また、岡田将生さん演じる「山田春彦」の謎めいた行動や、芳根京子さん、安田顕さんなど、メインを支えるサブキャラ達の活躍。そして根底に流れる警察官としての正義の心。最初から最後まで目を離せない素晴らしいドラマでした。

リバース

お次は、湊かなえさん原作のミステリードラマ『リバース』。大学のゼミ仲間5人で行った旅行で起こったとある自動車事故、そして残された4人が抱える事になる警察にも言えなかった秘密。武田鉄矢さん演じるジャーナリストが4人に近づいてきた事から、物語は真相へと歩み始めます。

藤原竜也さん演じる主人公「深瀬和久」と戸田恵梨香さん演じる「越智美穂子」、そして周りを固める玉森裕太さん、市原隼人さん、三浦貴大さん、門脇麦さん。物語のキーとなる主人公の親友「広沢由樹」を演じたのは小池徹平さん。後半どんどん明らかになっていく真実、怒涛の展開にドキドキさせられたものです。個人的には志賀廣太郎さん演じる広沢由樹の父親の味のある演技が大好きでした。

CRISIS〜公安機動捜査隊特捜班〜

この作品も忘れてはいけません。『CRISIS〜公安機動捜査隊特捜班〜』。とにかく、演者たちのアクションの格好良さは春ドラマの中でも際立っており、初回1話からそのキレキレなアクションが話題になりました。

舞台は警視庁公安部、公安機動捜査隊特捜班。田中哲司さん演じる特捜班班長「吉永三成」の下に、小栗旬さん演じる「稲見朗」、西島秀俊さん演じる「田丸三郎」、野間口徹さん演じる「樫井勇輔」、新木優子さん演じる「大山玲」。この5人の特捜班がテロリストや新興宗教など、巨大な悪と戦います。それぞれに抱える想いや悩みに心を揺らしながらも、己の信じる正義のために突き進む5人の姿から大切な何かを教えてもらった気がします。

100万円の女たち

お次は深夜ドラマから『100万円の女たち』。あのロックバンド・RADWIMPSのフロントマン野田洋次郎さんの初めてのドラマ主演とあり、放送前から話題となりました。

野田さん演じる主人公「道間慎」は特殊な家庭事情を持つ売れない小説家。彼の住む家に突然5人の女性たちが訪れるところから物語は始まります。なぜか常に全裸で過ごす女、実は世界的な大女優、宝くじを当てた女など、とにかく個性豊かな5人の女性を、福島リラさん、松井玲奈さん、我妻三輪子さん、武田玲奈さん、新木優子さんが演じています。その設定からとにかく謎だらけですが、物語が進むにつれて段々と真相が明かされていきます。そしてクライマックスには全ての謎が明らかに。先の読めない大人のミステリー作品です。

兄に愛され過ぎて困ってます

そして最後の5本目は、中高生に大人気の恋愛コメディ『兄に愛され過ぎて困ってます』、通称『兄こま』。7月から映画も公開され、主人公「せとか」とイケメン達との恋愛描写がたまらない、とにかく話題だらけの作品です。

主人公「せとか」を演じたのは土屋太鳳さん。キュートな笑顔とピュアな雰囲気が「せとか」にぴったり。そしてその「せとか」を巡って火花を散らすのが3人のイケメンたち。幼馴染の「芹川高嶺」に千葉雄大さん、「美丘千秋」に超特急の草川拓弥さん、そして「お兄」こと「橘はるか」を片寄涼太さんが演じています。とにかくもうイケメン達の表情、言葉、行動すべてが、まるで自分に言ってくれているかのようで、女性ならキュン死間違いなしです。

というわけで、2017年の春ドラマから、特に心に残った作品を5本ピックアップしてみました。他にも素晴らしいドラマはたくさんありました。視聴率NO.1の『緊急取調室』、運命の恋愛を描いた『ボク、運命の人です』、その他にも『あなたのことはそれほど』や『フランケンシュタインの恋』などなど、5本に入れたかった作品はたくさんあります。既にDVDになっていたり、ネット配信で視聴可能になってるものもあるでしょうから、もしもまだ観ていないという方がいましたら、是非一度観て頂きたいです。

記事:猫狸犬虎