「カッコよく振りたい、打ちたい!」。その大きなポイントとなるのは“ヒジ”にあり、ヒジを伸ばせばプロのように美しく、力強く振れる。と、知らない人やわかっていてもできない人へ必読のレッスンをお届けする。

ヒジから先を回旋させる

正しい“フォロースルー”の作り方は?「ヒジから先を…」と解説
中島啓太

フォローサイドでは、右ヒジを伸ばします。これは、クラブをリリースする動きにつながるので、インパクトに向かってパワーとスピードを上げることができる。クラブをリリースさせる動作は「かめはめ波」と同じです。右サイドで溜めたパワーを目標に向かって放つ。すると、かめはめ波もスイングも「右腕は内旋、左腕は外旋」して右ヒジが伸びます。

この腕の回旋をイメージして振り抜きますが、回旋させるのはヒジから先というのがもうひとつのポイント。肩から先を回旋させると、ヘッドが返りすぎたり、右肩が前に出やすくなるのでカット軌道になってしまいます。

正しい“フォロースルー”の作り方は?「ヒジから先を…」と解説
フォローサイドで右ヒジが伸びた形に左手をそえてできたのが、フォローの理想形になる

右側でパワーを溜めるのは、ゴルフでいえばトップ。そこからパワーを放つのは、クラブのリリース。溜めたパワーを解放するときは、フォローで右腕は内旋、左腕は外旋の動きが入る

右手1本打ちでリリースを習得

正しい“フォロースルー”の作り方は?「ヒジから先を…」と解説

両腕のヒジから先の回旋は、両手でクラブを握って振ると習得しにくいので、右手1本で素振り、またはボールを打ってマスターしよう。「振り上げるときに右手首を甲側に折る動きを入れたいので右手1本で。ややつかまった球を打とうとするとフォローサイドで右ヒジが自然に伸びます」(小井土)

いかがでしたか? 小井土コーチの動きをぜひ、参考にしてみてください!

正しい“フォロースルー”の作り方は?「ヒジから先を…」と解説

レッスン=小井土峡太

●こいど・きょうた/東北福祉大学ゴルフ部出身。現役ドラコン選手でもあり、最長飛距離443ヤードを記録。東京都港区にあるパーソナルゴルフレッスンスタジオ・ローメルベア(☎03-3400-1077)でレッスン活動も行なっている。

写真=相田克己、ゲーリー小林、田中宏幸
協力=パーソナルゴルフレッスンスタジオ・ローメルベア