ドライバーは人気シリーズ、アイアンは新ブランドのシャフトが続々と誕生!今、メーカーがイチ押しするモデルの特徴や長所を鹿又が分析する。

ツアーAD史上一番の振りやすさ打点が安定する

鹿又芳典が6大シャフトメーカーの“イチ押し”モデルを分析!

お助け要素がある中元調子

今回試打したシャフトのなかで、もっとも驚いたのが「ツアーAD VF」でした。今までのシリーズと比較しても圧倒的に振りやすい!男子プロの使用率が高いシリーズなので、しっかり感があって、どちらかといえばヘッドスピード45m/秒前後のゴルファーとの相性がよかった。しかし、このニューモデルは、中元調子でも打球が高く上がりやすい“お助け要素”があります。ヘッドスピード40m/秒前後のゴルファーにとっては、打点が安定するシャフトにも仕上がっていますね。

グラファイトデザイン ツアーAD VF

鹿又芳典が6大シャフトメーカーの“イチ押し”モデルを分析!
●モデル(フレックス)/VF-4(R2、R1、S)、VF-5(R2、R1、S、X)、VF-6(SR、S、X、TX)、VF-7(S、X、TX)●長さ/46インチ(1168mm)●重さ・トルク/65g・3.3度(6・フレックスS)●中元調子●価格/4万6200円

前作の「CQ」が先中調子だったのに対して、新作の「VF」は中元調子。男子ツアーでは中島啓太もテスト中。10月6日発売予定

ココが新機能 手元部分にトレカ®M40Xを採用
手元部分に高弾性な炭素繊維を採用したトレカ®M40Xを採用。中元調子でも振り遅れることなくシャープに振り抜ける

鹿又芳典が6大シャフトメーカーの“イチ押し”モデルを分析!
「フェースの下側に当たっても、高弾道の球が打てます」

ロングセラー「DG」を少しだけマイルドにスピン量をアップ!

鹿又芳典が6大シャフトメーカーの“イチ押し”モデルを分析!
「ダウンスイングでの粘り感が抑えられているので、スピーディにヘッドが戻せるようになりました」

PGAツアー選手のリクエストから誕生

日本ツアーだけでなく、PGAツアーや欧州ツアーでも使用者が多い「ダイナミックゴールド」ですが、海外選手からの要望を反映したのが「ダイナミックゴールドMID」です。従来の「ダイナミックゴールド」とほぼ同じ重量帯ですが、打球が上がりやすくてスピンも入りやすいので、少しマイルドになった印象です。

130g台の「ツアーイシュー」は中元調子のアスリート仕様ですが、115g前後の「115」は中調子系で一般アマチュアでも扱いやすいスペックです。

トゥルーテンパー ダイナミックゴールド ミッド

鹿又芳典が6大シャフトメーカーの“イチ押し”モデルを分析!
SPEC●モデル(フレックス)/DGMID115(R300、S200、X100)、DGMID 130Ti(S200、X100)●長さ/約37〜40インチ(MID 115)●重さ/115g(MID 115・フレックスS200)●中調子(MID 115)●オープン価格(編集部調べ:9000円前後〜)

昨年からPGAツアーに投入して、使用選手がすでに3勝をマークしている話題のスチールシャフト。日本では9月下旬発売予定

ココが新機能 中間部を硬く先端をソフトに
打球の落下角度を大きくするために中間部を硬くして、先端を少しだけソフトに再設計。振り感は「ダイナミックゴールド」と変わらない

鹿又芳典が6大シャフトメーカーの“イチ押し”モデルを分析!

いかがでしたか? ぜひご自分に合ったシャフトを探してみてください。

鹿又芳典が6大シャフトメーカーの“イチ押し”モデルを分析!

試打・解説=鹿又芳典

●かのまた・よしのり/多くのゴルフメディアで活躍する人気クラブコーディネーター。現役ツアープロのクラブ調整やサポートだけでなく、ジュニアゴルファーの育成にも注力している。

構成=野中真一
写真=相田克己
協力=ジャパンゴルフスクール