クラブ選びもゴルフの楽しみのひとつ。でも、選んだクラブが合わなかったら楽しくないし、スコアもよくならない。1セット・14本、すべてのクラブを悩まず、絶対に後悔しない選び方をギアのご意見番たちが明答! そのクラブの見方や感じ方に、必ず「そうなの!?」と驚いたり「へ〜」と感心するはずだ。

Q、トルクは気にしたほうがいい?

シャフトの“調子”が違うと何が違うの…!? ギアの専門家が解説

同じモデルでも2度近くの差が出る。「傾向としては、小さいとシャフトの動きが少なくなる。大きいとやわらかく、たわむモデルが多く、ミスに対する許容性が高くなります」(石井)

A ハイトルクのほうが補正能力は高い

シャフトの“調子”が違うと何が違うの…!? ギアの専門家が解説

ハイトルクは補正能力があります。たとえばトップでフェースが開いても閉じていても、ダウンスイングでは重心角なりのニュートラルな位置へと自然に戻ろうとするお助け機能を果たします。しかし、その動きがクラブをコントロールするうえで、邪魔、気持ち悪いと感じるのが上級者。ロートルクで「振った、動かした」なりを好む人もいます(今田)

Q、キックポイントによる違いとは?

シャフトの“調子”が違うと何が違うの…!? ギアの専門家が解説

重量、フレックス、そして気になるのは「調子」。ただ、モデルによって全然違うシャフトに感じることがあるのはなぜ?

A シャフト特性や挙動を知るための目安

キックポイントは、確固たる位置や数値化された定義がありません。先調子、元調子といってもそのモデルに対して決めたもの。同じ調子でもメーカーやモデルごとに異なります。そのため当然、しなり方も感じ方も変わってくる。これはフレックスもそう。長さと重量は数値どおりですよ(今田)

A

先調子は球がつかまりやすく、上がりやすい。手元調子は打球が低めに出て左に行きにくい傾向がある。ただし、スイングタイプによってシャフトにかかる負荷が変わるので、傾向なりのしなり方にならないこともあります(石井)

A 「先中調子だけど……3代目はさまざまな点で常識を覆す!」(鹿又)

シャフトの“調子”が違うと何が違うの…!? ギアの専門家が解説

フジクラは、スピーダーの誕生時から先調子で飛ばすシャフトに定評があります。NXシリーズにも待望の先調子系「NXブラック」が登場。このシャフト、いろいろな部分で常識を覆していますよね。まずは色。先調子系には珍しい黒。でもこれは精悍なイメージがもてて好印象でした。先が動くことでの長所は多々ありますが、それが短所となってタイミングを合わせるのが難しい、ミート率が上がらないという人もいます。

シャフトの“調子”が違うと何が違うの…!? ギアの専門家が解説
フジクラ スピーダー NX ブラック
●モデル(フレックス)/40(R2、R、SR、S)、50(R、SR、S、X)、60(SR、S、X)、70(S、X)●長さ/46インチ●重さ・トルク/65.5g・3.8度(60・フレックスS)●先中調子●価格/4万4000円

しかし、「NX ブラック」は曲げ剛性やねじれ剛性の巧みなコントロールと変化でデメリットを解消。フェースをスクエアに戻して当てやすく、打球はつかまえながら高く上がってくれる。トレンドの高慣性モーメント、低スピンヘッドとの相性も抜群によく、ゴルファーのタイプを選ばないシャフトに仕上がっています。それがどれだけすごいか。先調子が苦手なはずの私が、今年、最高のボール初速と飛距離を叩き出したのが、このシャフトです! といえば納得していただけますかね?

シャフトの“調子”が違うと何が違うの…!? ギアの専門家が解説

フジクラのアイアン用の新作「トラヴィル」も、中元調子でありながら先調子のような高打ち出しが放てる画期的なシャフト。発売から5日間で1万本ものセールスを記録し、話題となっている

A 「中元調子だけど……補助的に先っぽさもあるいい塩梅」(石井)

シャフトの“調子”が違うと何が違うの…!? ギアの専門家が解説
グラファイトデザイン ツアーAD VF
●モデル(フレックス)/VF-4(R2、R1、S)、VF-5(R2、R1、S、X)、VF-6(SR、S、X、TX)、VF-7(S、X、TX)●長さ/46インチ(1168mm)●重さ・トルク/65g・3.3度(6・フレックスS)●中元調子●価格/4万6200円 ※10月6日発売予定

ツアーADの元調子系は、シャフトが仕事をしてくれる印象があります。「VF」は加えて中から先調子っぽい動きもしてくれて、素直にしなり戻り、球のつかまりもいい。それはあくまでも先が走るタイプではなく「補助的な役割」なので、いい塩梅の絶妙な味つけですね。これまでツアーADの元調子系はヘッドスピードが速い人向け、と思って敬遠していた一般ゴルファーにも打ってほしいシャフトです。

「元調子進化系シャフト」といわれるように、これまでの元調子系とはひと味もふた味も違う。従来の元調子系のように方向性のよさを備えながら、ダウンスイングでの振り遅れやもたつきを抑え、シャープに振り抜ける。タメの強い切り返しでも挙動がなめらかなので、タイミングがとりやすいのもメリットのひとつ。ツアーではすでに使用中の選手もいて、中島啓太プロもテスト中だ。

シャフトの“調子”が違うと何が違うの…!? ギアの専門家が解説

クセのない振りやすさも魅力。プレーヤーのイメージどおりの動きをしてくれる操作性も高いので、狙った球筋で狙ったターゲットを正確にとらえられる

いかがでしたか? 話題のシャフトを手に取ってみてください!

シャフトの“調子”が違うと何が違うの…!? ギアの専門家が解説

今田駿作
●いまだ・しゅんさく/超がつくゴルフマニアで、新旧クラブの知識が豊富。クラブ収集家としての一面もあり、自宅には1万本を超えるクラブと工房をもっている。

シャフトの“調子”が違うと何が違うの…!? ギアの専門家が解説

鹿又芳典

●かのまた・よしのり/小誌で20年近くギア企画を連載するクラブコーディネーター。大手メーカーから地クラブ系まで、年間1000本以上のクラブを試打している。

シャフトの“調子”が違うと何が違うの…!? ギアの専門家が解説

石井良介

●いしい・りょうすけ/PGAティーチングプロ資格をもつプロゴルファーだが、クラブへの斬新なコメントが好評を得ており、さまざまなメディアに出演する試打職人。

写真=相田克己、田中宏幸
協力=日神グループ 平川CC