球筋は、つねに真っすぐがベストではない! 「とくにドライバーは球筋を曲げたり、打球を低く抑えることができるとワンランク上のプレーやスコアメイクができます」と、教えてくれた3選手のドライバーテクニックを習得しよう!

スイング軌道が自然にややアウトサイド・インになる

プロが教える“フェードボール”の打ち方とは?左の肩甲骨でクラブを引っ張る
肩甲骨という大きな部位を意識すれば体の回転で打てる

僕はドローヒッターでしたが、大学時代にフェードに変更。アイアンは両方の球筋を打ちますが、ドライバーはフェアウェイキープを優先し、今はフェード一辺倒です。そのフェードを打つには、切り返しで「左の肩甲骨でクラブを引っぱる」イメージが有効。このイメージなら、スイング軌道が自然にややアウトサイド・インになる。軌道を手先で操作すると極端なカット打ちになり、フェードではなくスライスになってしまうので注意してください。

アウトサイド・インに振る

プロが教える“フェードボール”の打ち方とは?左の肩甲骨でクラブを引っ張る

目とボールの距離をキープしながら、スイング軌道をややアウトサイド・インにする

やりすぎに注意!

プロが教える“フェードボール”の打ち方とは?左の肩甲骨でクラブを引っ張る

手先を使って軌道を作ると右肩が突っ込んでしまい、極端なカット打ちのミスになる

「左手のリード」を重視

プロが教える“フェードボール”の打ち方とは?左の肩甲骨でクラブを引っ張る

左肩甲骨でクラブを引っぱったあとは、左手のリードを重視し、右手は使わずにスイングするのが植竹流

手をクロスさせてシャドースイング

プロが教える“フェードボール”の打ち方とは?左の肩甲骨でクラブを引っ張る

左右の手の甲を合わせて切り返し前後の動きをすると、左手や右肩が前に出ず、正しい軌道が身につく

プロが教える“フェードボール”の打ち方とは?左の肩甲骨でクラブを引っ張る

左肩甲骨を中心とした背中の左側でクラブを引っぱり下ろす

いかがでしたか? 植竹選手の解説を参考にしてみてください!

プロが教える“フェードボール”の打ち方とは?左の肩甲骨でクラブを引っ張る

植竹勇太

●うえたけ・ゆうた/1995年生まれ、北海道出身。163㎝、63㎏。正確無比なショットに定評があり、22年にはフェアウェイキープ率2位(68.43%)を記録。今季はジャパンプレーヤーズチャンピオンシップ3位。セガサミーホールディングス所属。

構成=鈴木康介、小山俊正
写真=相田克己、田中宏幸