アイアンショットは左右の方向だけでなく、 タテの距離も合わせないと グリーンに乗らない。

ピン位置に合わせて、 止まる球や飛距離をコントロールして打つのがプロのワザ! 「アイアンうまいね!」といわれる テクニックを伝授する。

ハンドファーストに打つと球が高く上がりきらないので注意

ロブショットの打ち方とは…!? 「フェースを上に向ける」と解説!
インパクトはクラブの入射角をゆるくしてハンドファーストの度合いを弱める。そしてフォローでフェースを上に向けるのがワンランク上のテクニック

高い球を打つときは、ボールを通常より半個から1個分左に置き、フォローでフェースを上に向けることがポイント。飛距離は多少落ちますが、ロブショットを打つイメージでフェースターンを抑えて振り抜きます。ただ、インパクトでハンドファーストの度合いを強めると、ボール初速が上がりすぎて球が高く上がりきらない。その度合いを弱めて初速を落としたほうが高く上がってバックスピンも効くので、ベタピンショットが打てますよ。

高い球はフェースを返さない

ロブショットの打ち方とは…!? 「フェースを上に向ける」と解説!

通常はフォローでフェースを返すが、高い球はフェースターンを抑えて振り抜く

強めのハンドファーストはNG

ロブショットの打ち方とは…!? 「フェースを上に向ける」と解説!

ボール初速が上がりすぎると、球が高く上がりきらず、理想とする「高弾道」にならない。上級者はこのミスに気をつけよう

ボール初速をあえて落とす

ロブショットの打ち方とは…!? 「フェースを上に向ける」と解説!

「ハンドファーストの度合いを通常より弱めて打つと、ボール初速が落ち、ロブショットのように打球がゆっくり高く上がります」(市原)

ロブショットの打ち方とは…!? 「フェースを上に向ける」と解説!

市原弘大
●いちはら・こうだい/1982年生まれ、東京都出身。171㎝、78㎏。2018年の日本ゴルフツアー選手権で初優勝、同年のダンロップフェニックスも制し賞金ランキング4位に。以降、正確なショットでシード権を保持している。フリー。

構成=小山俊正
写真=田中宏幸