ボールを打つ力とクラブを振る力。どちらを重視するかによって飛距離は大きく変わる!

中高年は打つ力が強まり振る力が弱くなるので注意しよう

中高年が「飛距離を伸ばすテク」を“シニア賞金王”が解説!大切なこととは?

歳をとると下半身の筋力が低下するが、手や腕の力はそれほど落ちない。すると手に力を入れてボールを打つ(叩く)動きが強くなるため、腕が硬くなりヘッドが走らなくなる。これが飛距離ロスを招く原因と篠崎紀夫は指摘する。

「大事なのはボールを打つ力より、クラブを振る力を重視し、鍛えること。遠心力を利用してクラブを効率よく振れば、歳をとっても飛ばせます。それには腕をやわらかく使うことが重要で、ボールではなく、フィニッシュをめがけてリズムよく一気に振りましょう。左手1本でドライバーを持ち、クラブが落下する重力を使いながら力とスピードを加えていく。このようにして最小限の力でボールを飛ばす感覚をつかむと、クラブを振る力が強化されますよ」

腕が硬くなるのが飛距離ロスの原因

中高年が「飛距離を伸ばすテク」を“シニア賞金王”が解説!大切なこととは?

飛ばそうとして手に力を入れると、腕が硬くなりヘッドが走らなくなる。これが中高年の典型的な症状だ

Point 1 手の力を抜き腕をやわらかく使う

中高年が「飛距離を伸ばすテク」を“シニア賞金王”が解説!大切なこととは?

最初は腰の高さの振り幅で腕をやわらかく使い、連続素振りをする。手の力を抜けば自然なリストターンによってヘッドが加速。この力感のまま、遠心力を利用して振り幅を少しずつ大きくしていこう

リズムよく一気に振り切る

中高年が「飛距離を伸ばすテク」を“シニア賞金王”が解説!大切なこととは?

体をしっかり回してトップを作ったら、腕をやわらかく使い、フィニッシュをめがけて一気に振り切ることが大事

Point 2 左手1本で重力を使いながら振る

中高年が「飛距離を伸ばすテク」を“シニア賞金王”が解説!大切なこととは?

左手1本でトップを作り、右手を添える。そしてクラブを右手で押してスイングに勢いをつける。こうしてクラブが落下する重力と遠心力を使いながら、力とスピードを加えていくとクラブを振る力が強くなる

左手の下3本指で握る

中高年が「飛距離を伸ばすテク」を“シニア賞金王”が解説!大切なこととは?

左手の小指、薬指、中指の下3本指でクラブを握り、親指と人さし指には力を入れないのがコツ

いかがでしたか? 篠崎さんの体の動きを参考にして、レッスンに取入れてみてください!

中高年が「飛距離を伸ばすテク」を“シニア賞金王”が解説!大切なこととは?

レッスン=篠崎紀夫
●しのざき・のりお/1969年生まれ、千葉県出身。162㎝、69㎏。レギュラーツアー1勝。19年にシニア入り。翌年初優勝し、賞金ランキング2位。21年にはシーズン3勝をあげてシニアツアー賞金王に輝いた。北谷津ゴルフガーデン所属。

構成=小山俊正 写真=田中宏幸
協力=取手国際ゴルフ倶楽部