今月は、今シーズン優勝を果たした人気も実力もある 3 選手をピックアップ。体重移動や回転の仕方などを参考に、 自分に合う飛ばし方を見つけよう! ※選手の記録は11月4日現在のもの

軸をキープしたまま体を回転させてヘッドスピードを上げる

菅沼菜々のスイングを徹底解説!「ツマ先立ちになるのは…」

岩井明愛選手、原英莉花選手は、体重移動を使った飛ばし方でしたが、菅沼菜々選手は回転で飛ばすタイプです。バックスイングでは積極的な右足への体重移動よりも、軸をセンターにキープしたまま上半身を最大限に捻転させているのが特徴で、手首を使うコッキングも少なめ(❷❸)。ダウンスイングも同じく、体重移動よりも軸をキープしたまま体を回転させることでヘッドスピードを上げています。

アマチュアの参考になるのは、右足ツマ先の動きです。菅沼選手のダウンスイングは右足をツマ先立ちにして、ツマ先を支点にしながら体を回しています。これは、下半身をスムーズに回転させるコツで、フォローで両足のカカトが浮くのは回転力を高めるためのテクニックのひとつといえます(❻)。また、菅沼選手はバックスイングからトップでは頭が少し左に動きますが、頭を無理に固定させないから、ここまで深い捻転ができる(❸)。

しかし、ダウンスイングからフォローまで(❹〜❼)は、ほとんど頭が動いていません。回転系のスイングは、軸をキープすることが大切なので、切り返し以降は頭の位置を動かさないことを意識してください。

いかがでしたか? 菅沼選手のスイングを参考にして、レッスンに取入れてみてください。

菅沼菜々
●すがぬま・なな/2000年生まれ、東京都出身。158cm。今シーズンは、ブリヂストンレディスで3位タイ、アース・モンダミンカップで4位タイを記録し、NEC軽井沢72ゴルフとマスターズGCレディースで優勝を果たす。あいおいニッセイ同和損保所属。

菅沼菜々のスイングを徹底解説!「ツマ先立ちになるのは…」
菅沼菜々のスイングを徹底解説!「ツマ先立ちになるのは…」

解説=奥山ゆうし
●おくやま・ゆうし/1983年生まれ、埼玉県出身。トーナメントプロ資格をもち、プレーヤー時代の経験と研究をもとにゴルフレッスンを行なっている。YouTubeチャンネル【OKゴルフ‐関節フリーで飛ばす】は登録者数9.4万人を超える。

構成=野中真一 
写真=ゲーリー小林 
取材トーナメント=ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ