いつまでたってもバンカーショットが上達せず、大ダフリやホームランのミスを繰り返してしまうのはなぜか?

その原因と対策をレクチャー。

ヘッドをきっちり入れなくても脱出できる

重要なのはイメージ!とにかくバンカーから脱出する方法をシニアプロが解説
クラブをきれいに振り抜くことを重視。
砂とボールを飛ばせば余計な力を入れなくても脱出できる

バンカーだけが苦手で脱出によく失敗する。このような中・上級クラスのベテランプレーヤーは、インパクトでボールの手前にヘッドをきっちり入れようとする傾向がある、と宮瀬博文は指摘する。

「ヘッドを正確にきっちり入れようとすればするほど、プレッシャーや緊張感が増し、筋肉が硬くなる。すると上から叩いたり、クラブの振り抜きが悪くなったりして、ミスを繰り返してしまいます。そこでボールのまわりに長方形の枠をイメージし、その枠の中の砂とボールを一緒に飛ばしましょう。長方形は長いインパクトゾーンを作り、ヘッドを低く長く出すため。多少ダフってもいいので、砂とボールを目標方向にポーンと飛ばす。インパクトをアバウトに考えたほうが振り抜きがよくなり、楽に脱出できますよ」

“長方形の枠の砂”をボールと一緒に飛ばす!

Point1 長方形の枠をイメージ

重要なのはイメージ!とにかくバンカーから脱出する方法をシニアプロが解説
ボールのまわりに長方形の枠をイメージし、その枠の中の砂とボールを一緒に飛ばす。ボール位置は体の正面か、やや左足寄り。ヒザを軽く曲げ、体の重心を下げて構える
重要なのはイメージ!とにかくバンカーから脱出する方法をシニアプロが解説
正方形よりも「やや長方形」をイメージしたほうが、低く長いフォローになり、ヘッドが砂の中に潜りすぎない

バンスを砂に当てる

重要なのはイメージ!とにかくバンカーから脱出する方法をシニアプロが解説

Point2 構えたときのヒザの高さをフォローまで変えない

重要なのはイメージ!とにかくバンカーから脱出する方法をシニアプロが解説
アドレスでヒザを軽く曲げ、関節に「ゆとり」をもたせることが大事。そしてフォローまでその高さが変わらないように、ヒザをやわらかく使ってスイングしよう。

ヒザが伸びると脱出に失敗する

重要なのはイメージ!とにかくバンカーから脱出する方法をシニアプロが解説
ボールを無理に高く上げようとすると、インパクトでヒザが伸び上がり、体が上下動してしまう

いかがでしたか? バンカーからの脱出は長方形の砂をボールと飛ばすイメージで打ってみましょう。

重要なのはイメージ!とにかくバンカーから脱出する方法をシニアプロが解説

レッスン=宮瀬博文
●みやせ・ひろふみ/1971年生まれ、千葉県出身。171㎝、74㎏。2007年に中日クラウンズを制するなどレギュラーツアー7勝。21年にシニア入りし、同年のパーキープ率1位を記録。23年シーズンはマルハンカップ14位。アイ・エー・エス・エス所属。

構成=小山俊正 写真=高橋淳司
協力=取手国際ゴルフ倶楽部