「なかなかうまくならない」「練習やラウンドもモチベーションが上がらない」。そんなゴルファーたちにステキな笑顔でゴルフが楽しくなる上達法を教えてくれるのが“ときめきワンポイントレッスン”。

今回はりたまるさんがアプローチについてレッスンしてくれます。

“ヘッドの先”で打つだけ!アプローチでうまく打てるコツを解説

〝トゥだけアプローチ〞でミス知らず!

“ヘッドの先”で打つだけ!アプローチでうまく打てるコツを解説

グリーン周りまでは調子がよかったのに、アプローチでダフったり、トップしたりしてスコアが悪くなってしまう人はけっこう多いと思います。そんな人にオススメなのが、トゥだけを使って打つ方法です。ダフるのを怖がらないで、パター感覚で振りつつ地面を刺すように打つとピンまで正確に飛んでくれます。

“ヘッドの先”で打つだけ!アプローチでうまく打てるコツを解説

ウエッジを短く持ちすぎたり(左)、ヘッドアップしてしまう(右)とダフリやトップが出やすくなる

“ヘッドの先”で打つだけ!アプローチでうまく打てるコツを解説

1番のポイントはソールのトゥ側が地面を触ること。クラブを長めに持って、ネック側は浮かしてもいいので、絶対に地面を触れさせよう

“ヘッドの先”で打つだけ!アプローチでうまく打てるコツを解説

肩幅に足を広げ、ボールと手元の位置は真ん中にセット。難しいことはせずにシンプルに打つことを意識してください。苦手なクラブほど速く打ちがちなので、打ち急がずに、トゥでトンッと打つ。打ったあとは頭を動かさないようにしましょう。

“ヘッドの先”で打つだけ!アプローチでうまく打てるコツを解説

アプローチの距離感は、ボールを投げる感覚で打つとつかみやすい

いかがでしたか? ぜひ、りたまるさんのアドバイスをレッスンへ取り入れてみてください。

“ヘッドの先”で打つだけ!アプローチでうまく打てるコツを解説

りたまる
●1996年生まれ、東京都出身。LPGAティーチングプロ資格A級を取得後、都内を中心にフリーランスでレッスン活動をしている。


写真=竹田誉之
協力=JIN-golf銀座店 銀座カントリークラブ