球筋は、つねに真っすぐがベストではない!

「とくにドライバーは球筋を曲げたり、打球を低く抑えることができるとワンランク上のプレーやスコアメイクができます」と、教えてくれた3選手のドライバーテクニックを習得しよう!

バックスイングでフェースを開くとチーピンが出るので要注意

トップ男子プロ3名が「ドライバーの上達法」を解説!強い球の打ち方は?

僕はバックスイングの軌道を重視し、体の回転に合わせてクラブをインサイドに上げます。こうしてインから振り下ろす準備を整えることが大切。フェースを開くと、ダウンスイング以降のフェースの開閉が大きくなりチーピンが出るので、手を使わずにその開閉を抑えることがポイントです。

トップ男子プロ3名が「ドライバーの上達法」を解説!強い球の打ち方は?
ややインサイド・アウトの軌道をイメージし、体の回転を使って打つ

そして、体の回転でボールをとらえたら、頭を残しながらややアウトサイドに振り抜く。この振り抜くラインを調節すると、ドローの曲がり幅をコントロールできます。

体の回転に合わせてインに上げる

トップ男子プロ3名が「ドライバーの上達法」を解説!強い球の打ち方は?

クラブをインに上げれば、インから下ろしやすくなる。手を使わないことがポイント

真っすぐ上げるのはNG

トップ男子プロ3名が「ドライバーの上達法」を解説!強い球の打ち方は?

インから振り下ろすにはトップでクラブをループさせる必要があり、ムダな動きが生まれてしまう

振り抜くラインで曲がり幅をコントロール

トップ男子プロ3名が「ドライバーの上達法」を解説!強い球の打ち方は?

ややアウトサイドに振り抜くのか、それより外側に振り抜くのかを事前にイメージすることが大事

トップ男子プロ3名が「ドライバーの上達法」を解説!強い球の打ち方は?

大岩龍一

●おおいわ・りゅういち/1997年生まれ、千葉県出身。182㎝、92㎏。21年に初シードを獲得。22年は4度のベスト10入りを記録し、賞金ランキング28位。今季は悲願のツアー初優勝を目指す。フリー。

スイング軌道が自然にややアウトサイド・インになる

トップ男子プロ3名が「ドライバーの上達法」を解説!強い球の打ち方は?
肩甲骨という大きな部位を意識すれば体の回転で打てる

僕はドローヒッターでしたが、大学時代にフェードに変更。アイアンは両方の球筋を打ちますが、ドライバーはフェアウェイキープを優先し、今はフェード一辺倒です。そのフェードを打つには、切り返しで「左の肩甲骨でクラブを引っぱる」イメージが有効。このイメージなら、スイング軌道が自然にややアウトサイド・インになる。軌道を手先で操作すると極端なカット打ちになり、フェードではなくスライスになってしまうので注意してください。

アウトサイド・インに振る

トップ男子プロ3名が「ドライバーの上達法」を解説!強い球の打ち方は?

目とボールの距離をキープしながら、スイング軌道をややアウトサイド・インにする

やりすぎに注意!

トップ男子プロ3名が「ドライバーの上達法」を解説!強い球の打ち方は?

手先を使って軌道を作ると右肩が突っ込んでしまい、極端なカット打ちのミスになる

「左手のリード」を重視

トップ男子プロ3名が「ドライバーの上達法」を解説!強い球の打ち方は?

左肩甲骨でクラブを引っぱったあとは、左手のリードを重視し、右手は使わずにスイングするのが植竹流

手をクロスさせてシャドースイング

トップ男子プロ3名が「ドライバーの上達法」を解説!強い球の打ち方は?

左右の手の甲を合わせて切り返し前後の動きをすると、左手や右肩が前に出ず、正しい軌道が身につく

トップ男子プロ3名が「ドライバーの上達法」を解説!強い球の打ち方は?

左肩甲骨を中心とした背中の左側でクラブを引っぱり下ろす

トップ男子プロ3名が「ドライバーの上達法」を解説!強い球の打ち方は?

植竹勇太

●うえたけ・ゆうた/1995年生まれ、北海道出身。163㎝、63㎏。正確無比なショットに定評があり、22年にはフェアウェイキープ率2位(68.43%)を記録。今季はジャパンプレーヤーズチャンピオンシップ3位。セガサミーホールディングス所属。

強風でも影響を受けにくい低弾道で飛ばす

トップ男子プロ3名が「ドライバーの上達法」を解説!強い球の打ち方は?

アゲンストや強い横風のときは、低いライナー性のボールで風の影響を抑えた球を打ちます。感覚的には弾道の最高点が普段の半分。林よりも上に出ない高さの球です。アドレスはボール位置を右寄りにしてグリップを短く持ち、スタンスを狭めて左足体重で構えます。

そして、左足体重のまま左ヒザを曲げてバックスイングし、その左ヒザを伸ばしながら振り抜きます。普段よりロフトを立てて、少しカット気味の軌道でヘッドを鋭角に入れるのがポイントです。

少しカットで左に振り抜く

トップ男子プロ3名が「ドライバーの上達法」を解説!強い球の打ち方は?

左足体重のまま振るぶん、ややカット軌道になるので、それに逆らわず自然に左に振り抜いていく

左足体重でシャフト垂直の構え

トップ男子プロ3名が「ドライバーの上達法」を解説!強い球の打ち方は?

アドレスは左足体重で、ボール位置も右寄り。シャフトが地面と垂直になるように構え、左足体重のままスイング

トップ男子プロ3名が「ドライバーの上達法」を解説!強い球の打ち方は?

グリップは短く握る

トップ男子プロ3名が「ドライバーの上達法」を解説!強い球の打ち方は?

グリップの中ほどを握るくらい短く持って、シャフトのしなりを抑えつつ小さなアークでコンパクトに振る

いかがでしたか? 3選手のアドバイスを参考にしてみてください!

トップ男子プロ3名が「ドライバーの上達法」を解説!強い球の打ち方は?

中島啓太

●なかじま・けいた/2000年生まれ、埼玉県出身。177㎝、75kg。アマチュア世界ランキング1位、国内男子ツアーではアマチュア優勝をはたし、昨年9月にプロ入り。今季はASO飯塚チャレンジドゴルフトーナメントと横浜ミナト チャンピオンシップを制し、ツアー通算3勝をあげた。フリー。

構成=鈴木康介、小山俊正
写真=相田克己、田中宏幸