プロゴルファーの青木瀬令奈がInstagramを更新。トレーニング中に戦友に遭遇した事を報告しました。

「筋肉痛は幸せ」ストイックな2ショットにファン歓喜

青木瀬令奈、稲見萌寧との2ショット披露にファン歓喜「最強のツーショット」

青木プロは「トレーニング来たら、もねに会ったよ」とプロゴルファーの稲見萌寧と出会ったことをファンに告白しました。

「オフシーズンでもこうして一緒に戦ってた仲間に会うと嬉しいし、それがまたこういうスタジオとか練習場だとなおのこと嬉しい」と稲見プロの遭遇を喜んだ青木プロ。「お互いに
「数日前の筋肉痛がまだ残ってるー」なんて話ができるのも意識が高まるから好き」「ありがとう」と感謝の意を述べ、「#筋肉痛は幸せ」とハッシュタグも添えて文章を締めました。

ファンからは「お二人共々ストイックですねー」「最強のツーショットです」「何時も応援しています。頑張って」など、多くのコメントが寄せられていました。

「たくさんの応援ありがとう」青木プロが感謝を報告

青木瀬令奈、稲見萌寧との2ショット披露にファン歓喜「最強のツーショット」

青木プロは「今週のリコーカップで2023シーズン終わりました」「たくさんの応援ありがとうございました!!」とコメント。ツアーの全日程が終わったことを報告しました。

最終戦となった「JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」に関して、青木プロは「今週は背中痛でなかなかショットが思うようにいかなくてチャンスにつけられず」「加えてパッティングも宮カンの高麗にうまく対応できず散々でした」とふがいないプレーが続いたと語りました。そして「最終日は全国各地から観に来てくれたみんなにせめて少しでも良いプレーを見せられるように、とみんなの応援のおかげで最後まで無事に頑張れました」とファンの力で最後まで戦い抜いたことを報告しました。

青木プロは自身を応援してくれるファンや、スポンサー、コーチに感謝を述べたのちに「また更に成長できるよう2024年も全力で頑張ります」とコメント。最後に1年間同じグラウンドをまわった選手たちに対して「みんなから学ぶことが多くて」「それもまた幸せなことだなと思いました」「1年間ありがとうございました」と伝えて文章を締めました。

この投稿にファンからは「1年間お疲れ様でした」「今年の活躍素晴らしかったです」「来年も頑張って下さいね」など、青木プロをねぎらう言葉が多数寄せられました。

いかがでしたか? 他にも魅力的な写真が投稿されているので、ぜひ青木プロのInstagramをチェックしてみてくださいね!

【参考】
※serenaaoki_official/Instagram