今月は、昨年のドライビングディスタンスで上位に入った女子プロをピックアップ!

飛距離アップに必要な要素が詰まったスイングのポイントを解説していく。

体の動きでフェースを開閉!沈み込みでパワーを解放!

岩井明愛から学ぶ!飛距離を伸ばして曲がり幅を抑えるコツ
岩井明愛から学ぶ!飛距離を伸ばして曲がり幅を抑えるコツ

インパクトは右ヒザを曲げたまま打つ

岩井明愛選手は平均飛距離が250ヤードを超えているだけでなく、23年シーズンはドライバーの曲がり幅を抑えることで好成績を残しました。スイングの特徴は、フェースの開閉が大きいこと。最近の女子ツアーではフェースローテーションが小さい選手が増えましたが、岩井選手はフェースを開いて閉じる動きを使って飛距離を伸ばしています。

フェースローテーションが大きくても曲がらない理由は、腕の動きではなく、体をしっかり回すことでフェース面を開閉させているからです。トップでは両腕の真ん中にクラブがあり(❸)、ダウンスイングでも体の幅からシャフトが外れていません(❹)。今の女子ツアーではもっとも体の使い方がうまい選手といっても過言ではないでしょう。

もうひとつ、飛距離を伸ばせるポイントはダウンスイングの沈み込みです。アドレス(❶)ではほとんどヒザを曲げていませんが、ダウンスイングからインパクトに向かって左ヒザを曲げたままボールを打っています(❹❺)。体を沈み込ませることで、ボールに最後のひと押しのパワーを伝えているのです。

いかがでしたか? 岩井明愛選手のスイングを参考にして、飛距離アップに取り組んでみてください。

岩井明愛

●いわい・あきえ/2002年生まれ、埼玉県出身。161cm。23年シーズンはKKT杯バンテリンレディス、住友生命Vitalityレディス東海クラシック、ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンで優勝。ドライビングディスタンスは257.88ヤード。Honda所属。

岩井明愛から学ぶ!飛距離を伸ばして曲がり幅を抑えるコツ
岩井明愛から学ぶ!飛距離を伸ばして曲がり幅を抑えるコツ

解説=樋村隆二

●ひむら・りゅうじ/1976年生まれ、千葉県出身。石井忍が主宰する「エースゴルフクラブ」千葉校のチーフインストラクター。プロのスイング研究に余念がなく、それをアマチュアに合わせて教えるレッスンに定評がある。

構成=野中真一
写真=ゲーリー小林
取材トーナメント=ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ