ピン唯一の軟鉄鍛造アイアン「ブループリント」のニューモデルが発売される。

【関連記事】フェースのどこに当たれば1番飛ぶ…!? パラダイム Ai SMOKEでガチ試打検証

ピン ブループリント アイアン T/S

プロからの要望を具現化したアイアン!ピンが出した答えは“2兄弟”…!?
SPEC(2モデルとも)●番手/#3〜PW●ロフト角/33度(#7)●シャフト/スチールシャフトのみ●価格/1本・3万6300円 ※2月発売予定

モデル名の由来は「おおよその計画。未来の構想」を意味する“青写真”。ゴルフクラブでいえばプロのリクエストを具現化した「プロトタイプ」のようなアイアンで、そのフィーリングや操作性の高さは多くのツアープロや上級者を大満足させている。

プロからの要望を具現化したアイアン!ピンが出した答えは“2兄弟”…!?
蟬川泰果( 右)は「T」、永野竜太郎( 左)は「S」をテスト中。塚田好宜は、両アイアンを組み合わせたコンボセットを使用し、すでにツアー優勝を果たしている

ニューモデルは、さらにプロの意見を踏襲しつつ進化を遂げるために2モデルが誕生。マッスルバックの「T」(写真左)の「T」はTourの「T」で、シャープさを増しながら操作性の高さはそのままに寛容性を向上。ブレードタイプの「S」(写真右)はScoreの「S」で、打感などのフィーリング面は損なわずスコアメイクを助ける許容性を高めている。とくにロングアイアンの#3、4、5は複合素材ヘッドで楽に打ちこなせる。

本格派アイアン好きはどちらにするか迷うだろうが、オススメは長い番手は「S」、短い番手は「T」で組むコンボセット。これも1本からの購入が可能な、ピンだからこそできる組み合わせだ。

問 ピンゴルフジャパン clubping.jp