大ヒットドライバーの「G430シリーズ」は昨年までに計5モデルを発売。ツアープロからアマチュアまで、5モデルの特徴や機能を活かし、多くのゴルファーの飛距離・スコアアップに貢献している。しかし、ピンの飽くなき探求心は、それだけで終わってはいなかった。

次なるターゲットとして「まだまだ飛ばしたい、方向性もよく飛ばしたい!」という声を叶えられるモデルを発売。すでに、その性能をいち早く体感したふたりのツアープロのコメントと、編集部員の試打で、新モデルの進化と真価をあきらかにする。

2024 New Model G430 MAX 10K テンケイ 2月8日発売

渋野日向子「3球打って全部同じ球」とコメント!G430 MAX 10Kをテスト

G430 MAX 10K テンケイ ●ロフト角/9、10.5、12度 ●体積/460cc●重さ・長さ/約302g・45.75インチ(ALTAJ CB BLACK・フレックスSR) ●価格/9万5000円(税別)
※「G430 MAX 10K HL」も同時発売
G430 MAX 10K テンケイはこちらから clubping.jp/product/product2024_g430max10k.html

渋野日向子「3球打って全部同じ球」とコメント!G430 MAX 10Kをテスト

「G430 MAX」よりもフェース厚を薄く、軽くしたことも”究極の周辺重量配分”を実現した要因のひとつ

この3つの特徴がMOI「1万超え」でマン飛びを実現!

渋野日向子「3球打って全部同じ球」とコメント!G430 MAX 10Kをテスト

MOI(慣性モーメント)とは?

ヘッドが回転しやすいか、回転しにくいかを表す計測値。これまでのドライバーは上下左右を合わせて9000以上であれば“大慣性モーメントヘッド”と呼ばれていたが「G430 MAX 10K」は1万を超えている

特徴1:最先端テクノロジーで低重心設計

渋野日向子「3球打って全部同じ球」とコメント!G430 MAX 10Kをテスト

クラウン部だけでなく、ヘッドのサイド部までカーボンの「カーボンフライ・ラップ・テクノロジー」で低重心化。低重心によって、飛距離アップに欠かせないスピン量が抑えられる

特徴2:ルールぎりぎりの超デカヘッド

渋野日向子「3球打って全部同じ球」とコメント!G430 MAX 10Kをテスト

460ccのフルサイズでもトゥ・ヒール方向とフロント・バック方向の大きさをUSGAルール上限ギリギリまで拡大。投影面積が広くなったことで耐久性と構えたときの安心感もアップ

特徴3:深重心による超・高打ち出し

渋野日向子「3球打って全部同じ球」とコメント!G430 MAX 10Kをテスト

ヘッド後方、フェースから一番遠い位置に固定式の高比重ウエイトを配置。深重心といわれるG430 MAXよりもさらに深い“超深重心”設計が、高打ち出しを 作り出す

【編集部インプレッション】全球フェアウェイなんてことある!?

渋野日向子「3球打って全部同じ球」とコメント!G430 MAX 10Kをテスト

これまでの「G430」でも十分、高慣性モーメント。それ以上の必要ある? という疑問をもちながら打ってみると……。「快音」「激飛」はこれまでどおりだが、10球以上打った球のすべてが仮想コースのフェアウェイの幅に収まった。「これは曲がった」と思う打球や打点データがセンターからズレた球も大きく曲がらない。しかも、飛距離までそろうから驚きだ。

兄弟モデルとの比較や計測データの詳細を見ると「MAX」よりも高打ち出しで、「LST」と同等のロースピンになる。従来のモデルたちも“クラブフィッティングのピン”らしく、フィッティングしてぴったりを探し出すことでプロやアマチュアのスコアアップに貢献してきた。そのなかに「10K」が加わったことでピンの“選手層”はさらに厚くなったことは間違いなく、“MOI1万超え”が強い味方になるゴルファーは多いだろう(編集M)

渋野日向子「3球打って全部同じ球」とコメント!G430 MAX 10Kをテスト
【ここで一句】"MOIここまで上げたら別次元"

プロもテストを開始! 開幕戦から即実戦投入の予感!

渋野日向子「3球打って全部同じ球」とコメント!G430 MAX 10Kをテスト
曲がったと思ったのにFWキープできてる!

3球打って全部同じ球が出ました。右に打った球もほぼ曲がらず、打ち出した方向から大きくねじれない。「曲がる!」と思ったのにこれで済むなんてすごいですね。ちょっと強く振ったら、もっと高く上がって打球の滞空時間が長くなりました。「LST」よりもフェースにひっついてくれる感じがあって打感もいいですね!

渋野日向子「3球打って全部同じ球」とコメント!G430 MAX 10Kをテスト
まったくブレないマン飛びドライバー

構えた感じの見た目がいい。僕のなかではすごく安心感がある顔とサイズで思い切って振っていけます。打感も思った以上にやわらかいですね。打球はマン飛び! なかなか最初からこんなに飛ぶことはないので、すぐに試合で使いたくなりました。さすがMOI1万超えですね。まったくブレない、めちゃくちゃいいドライバーです。

いかがでしたか? プロも絶賛のG430 MAX 10Kをぜひ、試してみてください。

蟬川泰果
●せみかわ・たいが/2001年生まれ、兵庫県出身。175cm、77kg。23年シーズンは2勝をあげ、賞金ランキング2位。ツアー屈指の飛ばし屋で、ドライビングディスタンス1位(23年は6位)の獲得も夢ではない。アース製薬所属。

渋野日向子
●しぶの・ひなこ/1998年生まれ、岡山県出身。167cm。23年シーズンは、ケガなどの影響で米LPGAでの来季シード権を逃したが、海外で戦える実力や経験は十分。準シードからの復活が待ち望まれる。サントリー所属。

渋野日向子「3球打って全部同じ球」とコメント!G430 MAX 10Kをテスト

試打会情報はQRコードからチェック

●商品の問い合わせ/ピンゴルフジャパン clubping.jp