「JLPGAアワード2023」の表彰式の模様とともに、昨シーズンも大いに盛り上がった女子ツアーを振り返る。

クラブは置いて華やかに

原英莉花、“美スタイル”際立つスーツ姿で魅了!【JLPGAアワード2023】
互いの健闘を讃えつつウエアはドレスに、シューズはパンプスに

小林浩美会長の挨拶が終わると優勝選手たちが登壇し、2023年の「JLPGAアワード」表彰式が開会した。

いつもと違う華やかな衣装をまとった選手たちだが、その顔を見ればコースでのウエア姿や激闘の日々が脳裏に鮮明に蘇ってくる。

2023年3月、例年どおり「ダイキンオーキッドレディス」からツアーが開幕。

2023年シーズン開幕

オープニングゲームに勝利したのは申ジエ。日本ツアー通算27勝目、永久シードまであと3勝とした。

第3戦「Tポイント×ENEOS」では青木瀬令奈が、第5戦「ヤマハレディース」と第9戦「パナソニックオープン」では穴井詩が勝ち、序盤はベテラン勢の活躍が目立った。

デビューしてすぐに活躍する若手も魅力的だが、こうした熟練の技が最前線を走ってくれるのはうれしいかぎりだ。

山下美夢有と岩井姉妹

原英莉花、“美スタイル”際立つスーツ姿で魅了!【JLPGAアワード2023】

しかし、やはり22年の女王・山下美夢有が「富士フィルム・スタジオアリス」で本領発揮。その山下と対峙していくのが、翌週「KKT杯バンテリンレディス」で、ついに初優勝を決めた岩井明愛。すでに昨季初優勝を果たしていた双子の妹・千怜が、明愛に駆け寄りハグをした姿に感動した人は多かったことだろう。

23年シーズンは、早くも山下と岩井姉妹の3人が、ツアーを引っ張っていく予感がした。

立ちはだかる申ジエ

原英莉花、“美スタイル”際立つスーツ姿で魅了!【JLPGAアワード2023】

しかし、その「山下・岩井時代」に待ったをかけたのが申ジエ。プレーオフで岩井明愛を破り、国内最高賞金額の「アース・モンダミンカップ」を制して、シーズン2勝目。

このジエの勝利は、いい意味で若手の鼻っ柱をへし折り「私たちもまだまだだな」という気持ちにさせた試合展開だった。そう思うと、ジエの功績は大きい。 

心那、おそろしい子……

原英莉花、“美スタイル”際立つスーツ姿で魅了!【JLPGAアワード2023】
櫻井心那
「ハタチだから振袖に」。年間4勝で敢闘賞受賞は 文句なし。今季目標はもちろん年間女王だ

実力者が海外メジャーに参戦しはじめたころ、ステップアップツアー5勝を引っさげツアーに乗り込んできた櫻井心那が、その実力を大いに発揮した。7月「資生堂レディス」で初優勝すると、同月「楽天スーパーレディース」、9月「ゴルフ5レディス」、10月「富士通レディース」と年間4勝を達成。なんともおそろしい子が現れた。

ベテラン、再び

原英莉花、“美スタイル”際立つスーツ姿で魅了!【JLPGAアワード2023】
原英莉花、“美スタイル”際立つスーツ姿で魅了!【JLPGAアワード2023】

そんななか、8月の「ニトリレディス」で天候をも味方につけ、菊地絵理香が3年連続・通算6勝目をあげた。菊地はこの後、日本女子オープンでも原英莉花と死闘を繰り広げる。決勝2日間の“エリカ対決”は、パーフェクトな原に必死に喰らいつく菊地という、まさに“令和の名勝負”となった。

勝利を手にしたのは、5月の腰の手術から見事にカムバックした原。私自身、ゴルフの試合を見ていて涙が出てきたのは、後にも先にもこの日本女子オープンだけである。なぜこの試合を「年間最高試合」として表彰しないのか、という気持ちでアワードを観ていた。

米ツアーへ向かう3人

原英莉花、“美スタイル”際立つスーツ姿で魅了!【JLPGAアワード2023】

「TOTOジャパンクラシック」を勝った稲見萌寧がその権利を行使して、今季より米ツアーへの参戦を決意。5月に国内メジャー「サロンパスカップ」を勝って国内3年シードを手にした吉田優利、「伊藤園レディス」で涙の復活優勝を果たした西郷真央が、6日間に及ぶ予選会を突破して、稲見と共に米LPGAツアーで戦うこととなった。アワードの会見で「(東京オリンピックの再現で)ネリー・コルダとまたぜひ回ってみたい」という稲見の言葉に力強さを感じた。

終わってみれば

原英莉花、“美スタイル”際立つスーツ姿で魅了!【JLPGAアワード2023】

今年も山下美夢有の独走かと思われていた年間女王争いだったが、海外メジャー転戦もあり6月から勝利のない山下に対し、その海外メジャーでポイントを重ねた申ジエ、また国内で2連続完全優勝を含む3勝を上げた岩井明愛が追いすがる。

結末は、最終戦の「リコーカップ」でも勝利した山下が2年連続の年間女王を決めた。

その山下は、海外メジャーには挑戦するが、今季の主戦場は国内ツアーであることを名言。パリ五輪への思いもあるようだが、一番の目標は3年連続となる年間女王の座を守ることのようだ。

誰が、山下を倒すのか

原英莉花、“美スタイル”際立つスーツ姿で魅了!【JLPGAアワード2023】
原英莉花、“美スタイル”際立つスーツ姿で魅了!【JLPGAアワード2023】

打倒・山下美夢有は、現状だと岩井姉妹と櫻井心那が最右翼であることは間違いなさそうだ。その櫻井の登場でステップアップツアー(SUT)での実績が再注目されるなか、2023年SUT賞金女王のウー・チャイェンが、今季JLPGAツアーに本格参戦。また最終プロテストのネット配信により、馬場咲希をはじめ、その合格者たちにも期待の目が注がれている。

次々に出てくるこれら新しいチカラが躍動をするのも悪くはない。今後の日本女子ゴルフ発展のためには不可欠なことだ。しかし、個人的には、その若手たちの壁となるベテラン6人衆(申ジエ、青木瀬令奈、穴井詩、上田桃子、藤田さいき、菊地絵理香)とともに、河本結、大里桃子、木戸愛、そして岡山絵里らQTから這い上がってきた優勝経験者たちに、再び大暴れしてもらいたいと思っている。

しばらくJLPGAツアーのない週末が続いていたが、待ち遠しかった開幕はもうすぐそこだ。

原英莉花、“美スタイル”際立つスーツ姿で魅了!【JLPGAアワード2023】
Hitachi 3Tours Championship JLPGAチーム
左から岩井明愛、申ジエ、山下美夢有、岩井千怜、小祝さくら、櫻井心那。ここ数年で最強の6人が選ばれ、見事2年ぶりの優勝
原英莉花、“美スタイル”際立つスーツ姿で魅了!【JLPGAアワード2023】
レジェンズツアー優勝者。左から福嶋浩子、酒井千絵、西川みさと、
黄ゲッキン、大城あかね、島袋美幸

構成・文=ひよこきんぎょ 写真=田中宏幸