今回は2023年に好評だったレッスンの中から、ドライバーの「インパクト」に注目して紹介します。

自分でイメージしているインパクトは、本当に合っていますか?

石川遼プロと藤田さいきプロの写真を参考に、インパクトの形を学んでいきましょう。

飛球線後方から背中とお尻の左側が見える
→体を正面よりも目標に向けたインパクトは飛ぶ!

石川遼のドライバーから学ぶ!“飛距離の出るインパクト”の作り方とは?
フィジカルや回転力が強い男子プロだと、背中とお尻の全体が飛球線後方を向く。
アマチュアはここまで向かなくても、背中とお尻の左側が見えるように回転しよう
石川遼のドライバーから学ぶ!“飛距離の出るインパクト”の作り方とは?
石川遼

飛ばすためには、やはりインパクトが重要です。スイングを飛球線後方から撮影し、インパクトをチェック。背中とお尻の左側が見えていない形は回転不足です。

自分では回転しているつもりでも回っていない人は、左サイドがポイント。左肩と腰の左側を積極的に大きく回してください。

石川遼のドライバーから学ぶ!“飛距離の出るインパクト”の作り方とは?

左サイドをうしろに回す

左肩と腰の左側をうしろに動かすと、インパクトで背中とお尻の左側が見えるようになる

石川遼のドライバーから学ぶ!“飛距離の出るインパクト”の作り方とは?

37歳のベテランになり「体が固くなってきた」といいつつも、左サイドをしっかり動かしたスイングで、今季の平均飛距離は250ヤード近く飛ばす。

石川遼のドライバーから学ぶ!“飛距離の出るインパクト”の作り方とは?
藤田さいき

体重は左足カカト側に乗せる

石川遼のドライバーから学ぶ!“飛距離の出るインパクト”の作り方とは?

左サイドをうしろに動かすので、体重は左カカトに乗るのが○。「プロはフィニッシュでバランスが崩れたとしても、のけ反るか背中側によろけるのは左カカトに体重が乗っているから。回転不足で飛ばないアマチュアはツマ先体重になっているので、正面に倒れることが多いですね(×)」(吉本)

石川遼のドライバーから学ぶ!“飛距離の出るインパクト”の作り方とは?

編集部コメント
「形」から入って、マネていいんです!

力がなくても250ヤード飛ぶ「強く」「速く」振れる形を作る、がテーマの回。ボールをヒットするタイミングでどんな形を作れば飛ぶのか? 「体は正面よりも目標側」「背中とお尻の左側はうしろ」を向ける形は、スイング中、容易にイメージできるし、実際に作りやすくて飛距離が伸びました!

石川遼のドライバーから学ぶ!“飛距離の出るインパクト”の作り方とは?

レッスン=吉本 巧

●よしもと・たくみ/1980年生まれ、兵庫県出身。14歳で米国フロリダに渡り、2000年に米国でプロの資格を取得。現在は、東京都の表参道ゴルフアカデミーで多くのアマチュアをレッスンしている。

“ちょっと”の変化で高く上げる!右足を“ちょっと広げる”
飛ぶアッパーブローの準備OK!

高弾道

石川遼のドライバーから学ぶ!“飛距離の出るインパクト”の作り方とは?
右足を広げて構えると体全体が右に傾き、普段よりも少しだけアッパーなインパクトを無理なく作れる

高弾道の球を打つために必要なのは、スイング軌道を普段よりほんの少しアッパーにすること。スイング自体をかち上げるようなアッパー動作にする必要はなく、ほとんどの部分はアドレスの変化で作れます。

そのためにはインパクトを普段よりも少しだけ飛球線側にズラしたいのですが、ポイントはボール位置を左にするのではなく、右足の位置を少し右に広げ、体が自然に右に傾いたアドレスを作る。これに合わせてティーアップも少し高くします。

こうすると、スイングの最下点よりも先、ヘッドがわずかに上昇していくアッパーブローでインパクトできます。そして若干のインサイド・アウト軌道を意識し、ロフトを立て気味にインパクトすればバックスピン量を減らして飛ばすことができます。

石川遼のドライバーから学ぶ!“飛距離の出るインパクト”の作り方とは?
極端な右足体重はNG
右足体重が強くなるような極端な構えは、かち上げるようなスイングになりやすいのでNG
石川遼のドライバーから学ぶ!“飛距離の出るインパクト”の作り方とは?
ティーアップは"ちょっと高く"(右写真)
普段(左写真)よりもアッパー気味で、打点はフェースの上めでとらえたいので、ティーアップを少し高めにする
石川遼のドライバーから学ぶ!“飛距離の出るインパクト”の作り方とは?
ノーマル
ティーアップして打つドライバーは普段から少しだけアッパー軌道。それをちょっと強調するのがミスなく高弾道を打つ秘けつ
石川遼のドライバーから学ぶ!“飛距離の出るインパクト”の作り方とは?
飛ぶ「高打ち出し・低スピン」弾道はロフトを“ちょっと立てて”打つ。
ロフトは増やしすぎないように注意。少しだけ立てる意識をもつくらいのほうがいい
石川遼のドライバーから学ぶ!“飛距離の出るインパクト”の作り方とは?
軌道は“ちょっとインサイド・アウト”
アッパーに打つことで、軌道は自然とインサイド・アウト傾向になるが、極端に変える必要はない
インサイドから打とうとして、クラブが寝たり、あおり打ちはNG

編集部コメント

アドレスのアレンジだけで10ヤードアップ!コースでいちばん飛ぶ球は“高い球”だ!を検証・レッスンした企画。検証結果はキャリーが伸びると安定して10ヤード以上も飛ぶことがわかりました。そのキャリーを伸ばす高い球を打つには、まずはアドレスを変えることが大事と山形プロ。ノーマルと高弾道との違いがわかりやすく、ウェブ記事のワッグルONLINEのほうでも視聴回数が多かったレッスンでした!

石川遼のドライバーから学ぶ!“飛距離の出るインパクト”の作り方とは?

山形陵馬
●やまがたりょうま/1990年生まれ、山口県出身。ジュニア時代から活躍し、2010年にプロ入り。ミニツアー優勝などの実績を重ね現在は東京・麻布の「FIVEELEMENTS」でレッスンを行なっている。

スライサーはオープンスタンス、フッカーはクローズスタンスで打つ!

石川遼のドライバーから学ぶ!“飛距離の出るインパクト”の作り方とは?
スライサーは左足を1歩から半歩引いたオープンスタンスで打つ。クラブをアウト・インに振る向きでも、体が左に流れないようにすれば、インサイド・アウト軌道で振りやすく、極端なカット打ちにならない

「逆球を打つ」練習で矯正する方法もあるが、それよりも「曲がり幅を抑えられるセットアップ」で打ったほうが簡単。胸とフェースはターゲットに向けて、スタンスだけスライサーならオープン、フッカーならクローズにして打ってみよう。

「スライサーは右に曲がるので、あらかじめ左を向いて打つ」。これはコースでしがちな対処法ですが、持ち球を操り、曲がり幅を抑えるのには逆効果になってしまいます。

スライサーはオープンスタンス、フッカーはクローズスタンスで打つと、極端なアウトサイド・インやインサイドアウト軌道が防げるので曲がりが減ります。また、ターゲットよりもスライス(フェード)は左、フックドローは右に打ち出すことが鉄則なので、スタンスを打ち出したい方向に向けるのもメリットです。

石川遼のドライバーから学ぶ!“飛距離の出るインパクト”の作り方とは?
スタンスは左向き。肩のラインはターゲットに向ける
石川遼のドライバーから学ぶ!“飛距離の出るインパクト”の作り方とは?
ダウンスイングで体が左に流れないように、右足にやや体重を残して打つ

曲がりを抑えるスタンスなりの軌道は片足素振りでマスターする!

石川遼のドライバーから学ぶ!“飛距離の出るインパクト”の作り方とは?
フッカーやチービンもちは左足1本での素振りで、左足体重で打つ感覚を養う。ボールを打ちながらの練習もO
石川遼のドライバーから学ぶ!“飛距離の出るインパクト”の作り方とは?
スライサーは右足1本で立って素振りをすると、スライスが出る軌道を緩和する、右サイドに体重を残して振る感覚が養える
石川遼のドライバーから学ぶ!“飛距離の出るインパクト”の作り方とは?
チーピンもちなどのインサイド・アウト軌道が強い人は、右足を1歩から半歩引いたクローズスタンスで打つ。手元が通る道を広げることで、手元が詰まったり、インから入りすぎるのを防げる
石川遼のドライバーから学ぶ!“飛距離の出るインパクト”の作り方とは?
クローズスタンスも、肩のラインはターゲットに合わせる
石川遼のドライバーから学ぶ!“飛距離の出るインパクト”の作り方とは?
右足体重はクラブがインの下から入りやすくなるので、体左に移して打つ

編集部コメント

持ち球は直すよりも磨いたほうが早い!スライスやフックの持ち球を、真っすぐや反対に曲がるフェードやドローに変えて飛ばす、という発想になりがちですが、スライサーなら右曲がりを完全に直さず、曲がり幅を減らすことで飛距離を伸ばす。無理がなく、その人にあった矯正の仕方なので、スピーディにマスターできるし、スライサーは左足、フッカーは右足を1歩引くというのも斬新でした!

石川遼のドライバーから学ぶ!“飛距離の出るインパクト”の作り方とは?

濱開人
●かねはま・かいと/1990年生まれ、沖縄県出身。飛ばしを追求し、19年のドラコン大会では平均329ヤードを記録して優勝。解剖学や運動生理学にも精通。2023年に「学芸大ゴルフスタジオ」をオープン。

方向性も上がる
インへの円弧にそって左に引く!

石川遼のドライバーから学ぶ!“飛距離の出るインパクト”の作り方とは?
前傾して振るゴルフスイングのクラブの軌道はインサイド・インが自然。
ヘッドを真っすぐ「押し出す」イメージよりも「引く」イメージが有効になる

ゴルフスイングは前傾しながらクラブを振るので、クラブの軌道はインサイド・インの円弧の左側、フォローの出し方も「引く」をイメージし、インパクト後はインに引いてください。

ヘッドを真っすぐ出して方向性を上げるのは逆効果。手元が体から離れてしまうのでフェースが開き、薄い当たりで曲がる原因になるし、遠心力も加速力もインパクト前に落ちてしまいます。

石川遼のドライバーから学ぶ!“飛距離の出るインパクト”の作り方とは?
フォローを左に引いていく
クラブを左に引くフォローでフェースは体の回転に対してスクエアになる。方向性がよくなるだけでなく、インパクトでボールをしっかりつかまえられるので飛ぶ
石川遼のドライバーから学ぶ!“飛距離の出るインパクト”の作り方とは?
インパクト後に真っすぐ出す
ヘッドを真っすぐ押し出すと手元が体から離れてしまう。自然にターンするはずのフェースが開いてしまい、体の回転との同調性も失われるのでインパクトに悪影響が出る
石川遼のドライバーから学ぶ!“飛距離の出るインパクト”の作り方とは?
インパクト後にヘッドを真っすぐ出すのは×。
左に引くのが飛距離アップと方向性のよさを両立させるコツ

編集部コメント

飛ぶだけでなく方向性もよくなった!「飛ぶスイングは“3度引く"」の3度目のレッスン。曲げたくないからインパクト後のフォローはヘッドを真っすぐ出していましたが、それが飛ばない原因だとわかった。ヘッドを左に引くのが飛距離アップと方向性のよさを両立させるコツだと知り、やってみたらたしかにそうで、とにかく“引く”イメージはヘッドスピードがすぐに上がります!

石川遼のドライバーから学ぶ!“飛距離の出るインパクト”の作り方とは?

遠藤将也
●えんどう・まさや/1994年生まれ、長野県出身。東京国際大学のゴルフ部を経て、PGAティーチングプロ資格を取得。レッスンはインスタグラムアカウント「en.dwu_」のDMで受付中。首都圏の練習場やコースでのラウンドレッスンも行なっている。

同じ日に“同じ失敗”をしないレッスン。大きくスライス・フック。ダフリ・トップも連発!

石川遼のドライバーから学ぶ!“飛距離の出るインパクト”の作り方とは?
スライスが出たあとは「ボール位置を左寄り」にボールを左に寄せて低めにティーアップ。スライスの度合いが強い人は極端に左に置こう。ボールのつかまりがよくなり、インからのレベルかアッパーブローでヒットできる
石川遼のドライバーから学ぶ!“飛距離の出るインパクト”の作り方とは?

大きく曲げて連続OBやダフリ・トップが止まらないときは、ボール位置をミスしたときと同じではなく必ず変えて打ってください。スイングを変えて直そうとすると、今度は違うミスが出やすくなってしまいますが、ポール位置を前後左右に変えるだけなら簡単で即効性があります。

また、位置を変えたときはふだんより少し低くティーアップしてください。これも別のミスショットを引き起こさないための工夫になります。

ウッド・アイアン共通。ミスしたあとはボール位置を必ず変える

石川遼のドライバーから学ぶ!“飛距離の出るインパクト”の作り方とは?

フック・ダフリ・トップが出たあとは「ボール位置を右寄り」に

ボールを右に寄せる度合いは、ドライバーでは体の真ん中まで。ティーアップは低めにする

石川遼のドライバーから学ぶ!“飛距離の出るインパクト”の作り方とは?
スイングの最下点が右にズレている

ドライバーのダフリ・トップは紙一重

ドライバーのダフリ(写真右)・トップ(左)の原因は、スイングの最下点が右にズレているため。最下点でヘッドが地面に当たればダフリ、上がり際でボールに当たればトップが出てしまうので「ボールを右に寄せる」で解決

石川遼のドライバーから学ぶ!“飛距離の出るインパクト”の作り方とは?
アイアンのトップは2種類ある
トップでもボール位置を右に寄せるのが正解。トップには2種類あり、ヘッドがボールまで届かず頭を叩くのは×。ボールを右寄りに寄せてフェースの下めに当たるトップ(〇)は、大きなミスにならない
石川遼のドライバーから学ぶ!“飛距離の出るインパクト”の作り方とは?

ボールとの距離にも注意!

ボールとの距離も大事。ドライバーはボールに近いとタテ振りになりすぎたり、スイングが詰まりやすくなってしまう。アイアンは遠く離れて立つとヨコ振りになりすぎてフェースの向きがズレやすくなったり、ヘッドが届かずトップしてしまう。ドライバーは遠くに、アイアンは近くにボールを置く位置に変えてみよう

編集部コメント

「フック、ダフリ、トップ」の直し方は同じ!ミスを絶対に繰り返さない。それも「ラウンド中に」というテーマがよかった。ダフリ、トップ、スライス、フックの4大ミスはコースで必ず出てしまうが、スイング変えて立て直すのではなく、ボール位置だけを変えてミスを防ぐ。しかも、フック、ダフリ、トップの直し方は同じ、というのが目からウロコでした。

いかがでしたでしょうか?フック、ダフリ、トップを直したい方は参考にしてください。

石川遼のドライバーから学ぶ!“飛距離の出るインパクト”の作り方とは?

樋口貴洸
●ひぐち・よしひろ/1997年生まれ、埼玉県出身。JGTOツアーメンバー。花咲徳栄高校、東京国際大学ゴルフ部を経て、現在はツアープロを目指しながら東京都港区のGolf&FitnessPoint芝浦」でアマチュアを指導。コースでのスコアメイクに役立つレッスンに定評がある。