プロや上級者は当たり前のように使う「フェースを開いて」のアプローチ。球が上がりやすく、バンスを使うための技だがアマチュアは苦手としている人が多い。いま改めて、フェースを開く打ち方の基本を学ぼう。

Step1 アドレス:〝ハンドダウン〞の構えはNG!

「フェースを正しく開いている」のはどっち…?構え方をプロが詳しく解説

“フェースを開く”は“寄せ上手”になるための登竜門!

クラブと体の関係は変えずにフェースとスタンスを開く

「フェースを正しく開いている」のはどっち…?構え方をプロが詳しく解説

フェースを開くアプローチが苦手な人の多くは、フェースを開くことによって構えが崩れ、正しいアドレスが作れていない場合がほとんどです。フェースを開くときは、グリップの握りを変えてリーディングエッジが右を向いた状態でクラブを持つことが大事。

そしてオープンスタンスで構えますが、ターゲットに対して体は左、フェースは右を向く違和感に負けず、手元の位置やクラブと体の関係を普段の構えと変えないように注意してください。グリップの握りを変えずに手元を前に出して構えることで疑似的にフェースが開いた形を作るのは絶対ダメ。

また、フェースを開くときにハンドダウンにする人も多いですが、これもダフリやすいのでNGです。

ソールの真ん中の先トゥ側を地面につけるイメージ

「フェースを正しく開いている」のはどっち…?構え方をプロが詳しく解説

フェースを開くとウエッジのトゥ側が少し垂れる感じがするが、そのままややトゥ寄りが接地するように構えよう

ボール位置はセンターより少し左

「フェースを正しく開いている」のはどっち…?構え方をプロが詳しく解説

スタンスはオープン、フェースは目標より右に向け、ボール位置は左カカト内側くらい。少しハンドレートになるように構えるのがポイントだ

ヒールを地面に押しつけない

「フェースを正しく開いている」のはどっち…?構え方をプロが詳しく解説

ウエッジのヒール側が浮くのを嫌がって手元を押し下げないように注意。少しハンドアップ気味でOKだ

アドレスの手順

「フェースを正しく開いている」のはどっち…?構え方をプロが詳しく解説
フェースを開いたクラブに自分の体を合わせて構える
「フェースを正しく開いている」のはどっち…?構え方をプロが詳しく解説

クラブを右に倒しつつフェースを開き、そのクラブに対してグリップエンドがおヘソを指すように体をセット

いかがでしたか? 体の向きやグリップの握り方を意識して、フェースを開くレッスンを行ってみてください!

「フェースを正しく開いている」のはどっち…?構え方をプロが詳しく解説

レッスン=岡村了
●おかむら・りょう/ 1996年生まれ、福岡県出身。170㎝、70㎏。東北福祉大ゴルフ部で主将を務め、2018年にプロ転向。昨年は「ASO飯塚チャレンジドゴルフトーナメント」で単独3位に入るなど活躍し、今年もQTランク26位でレギュラーツアーに参戦予定。平川CC所属。

構成=鈴木康介 
写真=田中宏幸 
協力=日神グループ 平川CC