アマチュアが大叩きしてしまうときに多いのは、大トラブルからスムーズに脱出できずに何打もかかってしまうケース。

大ピンチの状況を1発で切り抜けるテクニックを身につけよう!

不安定な足元でも当てられる構えを作ろう

バンカーの縁にボールが…?どう打つのが正解!? プロが解説

ボールがフェアウェイバンカーの縁に止まった状況もトラブルです。バンカーの左縁ならほぼ問題ありませんが、先や手前は普段どおりの構えがとれない場合があるし、右縁に止まったボールはスタンスがバンカー内になってしまいます。この3つの状況は、トラブルショットだと思い、脱出を最優先させてください。

グリーンに乗せたいと欲張ると、大ダフリをしてしまい次打に長い距離を残すことにもなりがちです。3つの状況とも、ボールをミートしやすい構えを作り、そこから飛ばそうとせずに「手打ち」でいいのでしっかりヒットすることが肝心。ミドルからショートアイアンで100ヤード前後をしっかり打ち、次の3打目勝負に賭けましょう。

手前縁 
右足を引いて立って手首をやわらかく使う

バンカーの縁にボールが…?どう打つのが正解!? プロが解説

体全体が左足の上にあるような構え。右足が邪魔になるので、右足を引いて左足1本で立とう。体重移動はせず、手首を使ってスイングする

バンカーの縁にボールが…?どう打つのが正解!? プロが解説

体重移動はダフリの原因(×写真)。左足体重のまま手首を使ってスイングし、ボールの先にヘッドが届くようにフォローを低く出そう

右縁 
クラブを短く持ってスタンスを狭めて立つ

バンカーの縁にボールが…?どう打つのが正解!? プロが解説

ボール位置が高いので、クラブを短く持つことが大事。スタンスを狭く、重心を高くして構え、スイングは手首を使ってコンパクトに振る

バンカーの縁にボールが…?どう打つのが正解!? プロが解説

首の付け根に支点をイメージしてコンパクトにスイング。大きな体重移動はダフリの元凶(×写真)なのでNG

先縁 
右足体重で立って高めの球で脱出

バンカーの縁にボールが…?どう打つのが正解!? プロが解説
フォローは意識せずヘッドをボールにぶつけるように振るイメージ。ロフトがつくぶん高めの球が出るので番手を上げてもOK

ボール位置が右にならざるを得ないので、右足体重で構え、そのままスイング。首の付け根がボールの真上にある状態を維持して振ろう

いかがでしたか? 不安定な足元になるバンカーの縁でも、落ち着いて対処しましょう。

バンカーの縁にボールが…?どう打つのが正解!? プロが解説

レッスン=安岡幸紀
●やすおか・ゆきのり/ 1988年生まれ、高知県出身。高知高校ゴルフ部で活躍。卒業後、指導者の道に進み、日本プロゴルフ協会のティーチングプロA級を取得。東京都の赤坂でアマチュアレッスンを行なっている。CHEERS GOLF代表。

構成=鈴木康介 
写真=田中宏幸 
協力=サザンヤードカントリークラブ