机の上に置いてあったペンが消えるのは、愛猫の仕業だった!?その瞬間を目撃して確信する飼い主。

先日、「目撃」と題した漫画をX(旧Twitter)で公開したのは、愛猫・キュルガとの何気ない日常を創作漫画として描いているキュルZ(@kyuryuZ)さん。Xのフォロワー数は86.1万人(2023年10月30日現在)、今回紹介する漫画も6.7万いいねを超える人気漫画家だ。



フータ曰く、我が家では少し席を外すとペンが消えてしまう事件がたまに起こるという。机の上に1本の赤いペンを置いていたが、それを見つけたキュルガがペンを転がし始める。

ペンを床に落とすと蹴って遊び始めるが、ソファーの下に転がってしまうと諦めたようで、大人しくなるキュルガ。その一部始終をドアの隙間から見ていたフータ。ペンが消える瞬間を目撃できることもあるのであった。

漫画を読んだユーザーからは、「冷蔵庫の下とソファーの下が取りにくいんですよね」「こうやって家の中で物をなくす」など、SNSには共感するコメントが多数寄せられている。



取材協力:キュルZ(@kyuryuZ)