X(旧Twitter)上で数万いいねを獲得する“万バズ”漫画を連発している漫画家、港区カンナ(@mina_kan_chan)さん。ウォーカープラスでは、彼女の新作漫画「東京モブストーリー 〜ヒロインになれない私たち〜」を連載している。本作は「少女漫画の主人公になれない」女の子たち4人を描く群像劇で、今回は思わせぶりな行動で男性を翻弄する女性「るか」編の10回目。描かれている内容について作者にインタビューした。

■アラサー女性のリアルな心情を捉え共感を呼ぶ
港区カンナさんは、2023年3月から漫画の投稿を開始し、約半年間で10万フォロワーを獲得。「恋愛」「婚活」「闇深」をテーマに、男女のすれ違いや、女性が抱えがちなコンプレックスを作品にしている。リアルな心情を捉えた漫画は大きな共感を得たり、ときに引用ポストやリプライで議論が巻き起こったりする。

漫画「東京モブストーリー 〜ヒロインになれない私たち〜」は、それぞれタイプの違う「こじらせ方」をした25歳女性4人の恋愛群像劇だ。タイトルのとおり、「本当は少女漫画の主人公みたいになりたいのに、脇役のような生活をしている」女性たちを描く。

■港区カンナさんにインタビュー
――今回は、元カレの影響でトラウマを抱えることになったるかについて描いていますが、このテーマを選んだきっかけや理由はありますか?

「愛されたい」が行動原理で、男性にしてもらったことで愛情を測っている女性が痛い目を見るというありがちなケースをテーマにしたいと思いました。

――るかは「自分のことを好きな人」が好きだと気づきましたが、どのような人を好きになれば幸せになれたと思いますか?

今回の場合は、るかが相手のことを本気で好きになれていないのが問題だと思います。ただ、自分が好きな人と付き合えても相手が愛してくれなければ幸せになれないので、どんな人と付き合えば幸せになれるか結論を出すのは難しいですね。

――「痛い目見たけど人は簡単に変われない」という展開について、何かこだわりはありますか?

彼氏に許せないところがあって別れたけど、また同じような人と付き合ってしまう女性は多いと思います。そういった「恋愛の仕方の変われなさ」を描きたいと思いました。