岐阜県高山市といえば、全国的にも有名な観光スポットの宝庫。その中でも今回は、北アルプスの雄大な自然と奥飛騨温泉郷を楽しむドライブコースを紹介する。名物の飛騨牛や飛騨サーモンも満喫できる、盛りだくさんのプランだ。

■国内唯一の2階建てゴンドラで空の旅!
「新穂高ロープウェイ」では、国内唯一の2階建てゴンドラで2つのロープウェイを乗り継ぎ、山頂駅を目指そう。標高2156mの展望台から眺める、西穂高岳や槍ヶ岳のパノラマはまさに圧巻!

第1ロープウェイの発着駅である鍋平高原駅では、無料の足湯につかってひと息。かけ流しの露天風呂「神宝乃湯」(入浴料 大人 600円)もある。

新穂高ロープウェイは今年開業50年を迎え、2020年7月15日に2階建てゴンドラをリニューアルしたばかり。これまでよりさらに視界がワイドになり、360度の絶景が満喫できるようになった。さらに多言語に対応したモニターが搭載され、海外からの観光客も快適に空の旅を楽しめる。

※新型コロナウイルス感染予防のため、ロープウェイの最大乗車人員を50%程度減らして運行し、施設内各所で消毒液、飛沫防止用シートを設置するなどの対策を行っている。ほか詳細は公式Webサイト参照。

●新穂高ロープウェイ / 住所:岐阜県高山市奥飛騨温泉郷新穂高温泉 / 電話:0578-89-2252 / 時間:8:30〜16:00(上り)、8:45〜16:45(下り) / 休み:なし

■名物の飛騨牛と奥飛騨サーモンを楽しみながらひと休み!
昔の暮らしを再現した囲炉裏や農機具などを展示する観光スポット「平湯民俗館」内にある「お食事処 禄次(ろくじ)」。名物の飛騨牛や奥飛騨サーモンをはじめ、奥飛騨産の野菜を使った滋味あふれるメニューが揃う。

食事の後は同施設に併設する「平湯の湯」(入浴料 300円)でリフレッシュしよう。森の中にひっそりとたたずむ露天風呂で、心も体も癒やされること間違いなし。

※新型コロナウイルス感染拡大予防のため、定期的な換気、席の間隔を1.5メートル程度あける、入口とトイレにアルコール消毒液の設置などの対策を実施している。


●お食事処 禄次 / 住所:岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯29 平湯民俗館内 / 電話:0578-89-3339 / 時間:6:00〜15:00(LO 14:30)、17:00〜24:00(LO 23:00) / 休み:木曜

■奥飛騨温泉郷の格安日帰り温泉!
「昔ばなしの里 石動(いするぎ)の湯」は、福地温泉から出土した化石の展示や入浴施設、食事処を備えた「昔ばなしの里」内にある。のどかな里山に囲まれた露天風呂と内湯の2つがあり、特徴的なぬるっとした肌触りのお湯に心も体も癒やされること間違いなしだ。

※新型コロナウイルス感染拡大予防のため、入口のアルコール消毒液の設置、受付の飛沫防止シートの設置、食事処の席の間隔確保などを実施している。

●昔ばなしの里 石動(いするぎ)の湯 / 住所:岐阜県高山市奥飛騨温泉郷福地温泉110 昔ばなしの里内 / 電話:0578-89-2793 / 時間:12:00〜16:00 / 休み:水曜 / 入浴料小学生以上300円

見どころ満載の高山エリアで、丸一日遊び尽くす贅沢プラン。心も体もリフレッシュするドライブ旅に出かけよう。

※「東海ウォーカー」2020年4月号より転載。新型コロナウイルス感染拡大予防策については、各店の公式Webサイト等の情報をもとにしています。
※記事内の価格は特に記載がない場合は税抜き表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。
※各店舗とも新型コロナウイルスの影響で随時情報が変わる場合があります。ご利用の際はできるだけ電話などの事前予約や確認をおすすめします。
※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。