フローランテ宮崎の見どころからグルメまで、おでかけの前に知っておくと便利な情報を徹底レポート!(※記事内で紹介している展示やアトラクション、イベント、施設等は、休止・中止または内容が変更になっている場合があります。ご注意ください)

■フローランテ宮崎ってどんなところ?四季折々の植物が観賞できる花と緑の公園
園内にはさまざまなタイプの庭園や広場があり、年間を通して四季折々の植物が観賞できる花と緑の公園。「春のフローラル祭」に、「フローランテの夕涼み・みやざきグルメとランタンナイト」、冬は大人気の「イルミネーション・フラワー・ガーデン」が開催されるなど、一年を通じて訪れるゲストを楽しませてくれる。さらに、洋風の家、和風の家といった生活環境に合わせたシーンのガーデニングを、お手本として展示しているエリアも。そんな「フローランテ宮崎」の見どころをピックアップ!

■【アクセス】入園料も一緒にチェック!
JR宮崎駅から車で約10分、宮崎自動車道宮崎ICより、一ツ葉有料道路南線経由で約15分の場所にある。入園料金は大人310円、小・中学生150円、未就学児は無料で、購入した日から1年間、何度でも利用できるお得な年間パスポートは大人1560円、小・中学生780円となっている。

また、年に4日「感謝の日」が設けられており、5月5日のこどもの日は中学生以下、5月の第2日曜日の母の日はすべてのお母さん(祖母も)、6月の第3日曜日の父の日はすべてのお父さん(祖父も)、9月の敬老の日は65歳以上が入園無料に!

そのほか、現在妊娠中で親子(母子)健康手帳を持っている人や宮崎県子育て応援カードを持っている人なども入園料が無料・割引になる場合があるので、詳細はHPでチェックしよう。
※価格はすべて税込

■【見どころ1】広大な敷地に咲き誇る季節の花々
フローランテ宮崎は、複合型リゾート施設「シーガイア」や宮崎市の「市民の森」などからなる「阿波岐原森林公園」(390.9ヘクタール)の一角にあり、敷地は5.1ヘクタールの規模を誇る。名前の由来は、ローマ神話で花と豊饒の女神“フローラ”とギリシャ神話で天空を支える巨人神“アトランテ”を組み合わせたもので、”魅力のある花を楽しませてくれるのは、天空や大地の支えや人々の愛情の支えがあってからこそ”という想いが込められている。

園内を訪れるたびに、華やかな色の移ろいを感じさせてくれるのがフローランテ宮崎の最大の魅力。春は宮崎県綾町にある綾園芸のオリジナル品種であるラナンキュラスの”ラックス“、初夏にはアジサイやヒマワリ、夏にはハイビスカス…といったように珍しい品種から長年親しまれている花々まで愛でることができる。見慣れない花などはスタッフに声をかければ教えてくれるので、気軽に声をかけてみよう。

■【見どころ2】ライフスタイルに合わせたガーデニング演出は必見!
「街並み見本園」と題されエリアの演出はとってもユニーク。”潤いとやすらぎの街”をテーマに「洋風の家」、「田園生活指向の家」、「和風の家」、「アウトドアライフ指向の家」と4つの異なる住宅があり、それぞれにあった庭づくりを提案している。

初心者が参考にしたいのは、洋風の伝統の流れを汲んだ「洋風の家」。バラをメインに華やかでにぎわいを感じられる植栽空間となっているのでトライしやすい。季節の野菜やハーブ、果樹など、自給自足的な庭づくりが印象的な「田園生活指向の家」や、情緒あふれる「和風の家」、ガーデンパーティが楽しめるようにデザインされた「アウトドアライフ指向の家」は、中級者〜上級者向きとなっている。

ガーデニングとひと言で言っても奥が深いことを実感させられるエリアになっているので、ぜひ立ち寄って!

■【見どころ3】リゾート地のような芝生広場でチルタイム
約6000平方メートルの芝生広場は、一年中緑の芝生が維持されており、いつ訪れてもふかふかの芝生に寝転がってリラックスできる。これは、冬芝(ライグラス)の種をまくオーバーシード作業を行い、季節ごとに夏芝(ティフトン)と冬芝(ライグラス)を使い分けているため。木陰にシートを敷いてピクニック気分でお弁当を楽しむ、なんて時間を過ごすのもいいかも!

■【見どころ4】SNS映えも!季節を彩る多彩なイベント
3〜5月の「春のフローラル祭」では、期間前半に約50品種約10万本のチューリップを、後半はバラやインパチェンス“バウンス”など春の花が楽しめる。10月の「秋のフローラル祭」では、⾚や⻘などのサルビアをはじめ、コスモスやマリーゴールド、センニチコウなどの草花が園内を彩る。春も秋も、花と緑に関する展示や、寄せ植え体験などが実施される。

8月には夜間イベント、「フローランテの夕涼み『みやざきグルメとランタンナイト』」が開催され、日が暮れ始めたころには園内に約1万灯のランタン(中国提灯)が灯る。ライトアップされた園内の花壇は、昼間とはまた違った雰囲気に。ステージイベントなども行われ、多くの人々が訪れる。

毎年12月上旬〜1月中旬の約1カ月間は、夜間イベント「イルミネーション・フラワー・ガーデン〜ひかりのはなぞの〜」を実施。華やかなイルミネーションの光に包まれて、まるでおとぎの世界に迷い込んだような光景が広がる。幻想的なイルミネーションイベントはデートにもピッタリだ。

■【グルメ】カフェテリアやおみやげショップも立ち寄ろう
フローランテ宮崎の拠点となる建築物「夢花館」内西側にあるカフェテリアでは「カツカレー」(税込920円)や「山菜きつねうどん/そば」(税込610円)などの軽食がそろう。またインフォメーションではポストカードや植物雑貨など、売店ではキッチン雑貨、お花モチーフの小物などが集結。宮崎の名産菓子なども並んでいるほか、シャボン玉といった玩具もあるので、芝生広場で過ごすときの遊び道具におすすめだ。

季節の花々に限らず、ライフスタイルのシーンを再現した庭園造りやガーデニングの演出、神秘的な雰囲気に包まれるナイトイベントなど、多彩な表情を持つフローランテ宮崎。JR宮崎駅から車で約10分とアクセスも抜群なので、気軽に訪れて!

■施設担当者に聞く!フローランテ宮崎の魅力
「季節の花々を見ながらゆっくりと散策できます。お天気の良い日に、お弁当を持ってきて木陰でピクニックするのもおススメです」
フローランテ宮崎 広報の牛牧紗智子さん

■【新型コロナウイルス感染拡大予防対策】
・発熱などの風邪症状がある方や体調の優れない方は、入園をお控えください。
・スタッフがマスクや手袋を着用している場合があります。
・マスクの着用、咳エチケットへのご協力をお願いします。
・こまめな手洗い・消毒にご協力ください。園内各所に設置している消毒液もご利用ください。

取材・文=CRAING

<施設情報>
住所:宮崎県宮崎市山崎町浜山414−16
アクセス:【電車】JR宮崎駅より宮崎交通バス18番線(宮交シティ〜青葉町〜シーガイア行き)約25分、フローランテ宮崎から徒歩すぐ
     【車】宮崎自動車道宮崎ICより一ッ葉有料道路南線経由で約15分
営業時間:9時〜17時※イベントにより変更あり
定休日:火曜(祝日の場合は翌日)、12月31日、1月1日※イベントにより変更あり
駐車場:200台 無料
料金 :大人310円、小・中学生150円、未就学児は無料。
    年間パスポート大人1560円、小・中学生780円ほか

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

※記事内の価格は特に記載がない場合は税抜き表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。

※2020年5月時点の情報です。