夏といえばパフェを食べたくなる季節!なかでもこの夏、注目したいのが”チョコレート専門店が作る”チョコレートパフェだ。今回はその中からおすすめのパフェ3選を紹介。専門店ならではのこだわりの素材と技を駆使した、プロの味を堪能しよう。

■甘さとほろ苦さが絶妙!カカオ豆の食感がアクセントに
名古屋市中川区にある「CHOCOLATE CAFE CVORE(クオレ)」では、カカオ豆からチョコレートまで一貫製造する「ビーントゥバーチョコレート」をはじめとした、50種類以上ものテイクアウト商品を販売。イートイン限定のパフェは3種類がそろう。「チョコレートパフェ」(800円)は、クラシックショコラケーキや2種類のチョコレートアイスの上に、香ばしくローストして細かく砕いたカカオ豆がトッピングされた一品。チョコレートのほろ苦さと、カカオ豆の食感のアクセントがたまらない。よりボリューミーな「チョコレートパラダイス」(850円)もおすすめだ。

■CHOCOLATE CAFE CVORE / 住所:愛知県名古屋市中川区荒子1-113 / 電話:052-351-6448 / 時間:9:30〜19:00(イートイン LO 18:30) / 休み:月曜、不定休

■ショコラティエの技が光る!チョコレート尽くしの濃厚パフェ
名古屋市西区にある「L'atelier de Michel Belin(ラトリエ ドゥ ミッシェル ブラン)」はフランス菓子界最高峰のショコラティエ、ミッシェル・ブラン氏の店。人気No.1の「ドゥ ショコ」(520円)といった生菓子や焼き菓子が多彩に並ぶ。注目のパフェ「パルフェ ショコラ」(1200円)は、ジェノワーズショコラやパールクラッカン、ショコラアイス、チュイルショコラなど、6種類のチョコレートスイーツが一度に楽しめる絶品。2020年8月31日(日)までの期間限定販売なので、この機会を逃さず足を運ぼう。また、チョコレートたっぷりのかき氷「レクラ ショコラ」(1200円)も人気だ。

■L'atelier de Michel Belin / 住所:愛知県名古屋市西区児玉3-6-11 / 電話:052-325-3905 / 時間:11:00〜19:00(イートイン LO 18:30) / 休み:火曜

■熱いベリーソースをかけてできあがり!甘味と酸味のハーモニーを満喫しよう
三重県津市の津ヨットハーバー近くで20年続く「T2(ティーツー)の菓子工房 ハーバー店」。その人気商品「T2パフェ」(900円)は、チョコレートケーキやイチゴのジェラートなどが入った一品で、新鮮なフルーツとチョコレートの風味が絶妙にマッチする。溶けやすいよう薄く作られた自家製板チョコレートの上から熱々のベリーソースをかけると、甘酸っぱいソースがパフェ全体に行き渡る。ほかにも、リンゴをミルクチョコレートでおおった「りんごのチョコレート」(14〜15粒入り 1296円)は手みやげとして評判だ。

■T2の菓子工房 ハーバー店 / 住所:三重県津市柳山津興384-2 / 電話:059-213-1777 / 時間:10:00〜17:30(イートイン LO 17:00) / 休み:不定休

※「東海ウォーカー」2020年8月号より転載
※記事内の価格は特に記載がない場合は税抜き表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。
※各店舗とも新型コロナウイルスの影響で随時情報が変わる場合があります。ご利用の際はできるだけ電話などの事前予約や確認をおすすめします。
※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。