日産自動車株式会社は、同社が描く未来のモビリティ社会をインタラクティブに体感できる、体験型のエンターテインメント施設「ニッサン パビリオン」を、2020年10月23日(金)までの期間限定で横浜みなとみらい21地区にオープンする。

「ニッサン パビリオン」では、日産の電動化・自動運転化など、「ニッサン インテリジェント モビリティ」が描く未来をより深く知ってもらうため、さまざまな体験コンテンツを用意している。技術のイノベーションを通じて日産が描く近未来の暮らしを、エンターテインメント、アート、メディアなどで活躍するクリエイターの視点によって具現化した魅力的なコンテンツは、どれも見逃せない!

施設内には、7月15日に初披露された新型クロスオーバーEV「日産アリア」の展示や、同乗体験をはじめ、見えないものを可視化する技術「Invisible to Visible(I2V)」を駆使したコンテンツや「Formula E」レースのバーチャル体験など、小さな子供から大人まで楽しめるアトラクションが満載だ。また、運転支援技術「プロパイロット」、サービスやコミュニケーションの可能性を無限大に広げる「コネクティビティ技術」などといった日産の技術や取り組みを題材にしたエンタメ体験も。そんな「人間の可能性を拡張する」をコンセプトに展開されている体験コンテンツの一部を紹介しよう。

■THE THEATER(ザ シアター)
「THE THEATER」では、6メートルの高さを誇る4Kプロジェクション大型スクリーンと、映像に合わせて振動する床など、迫力の空間でクルマの先進技術を応用したコンテンツを楽しむことができる。

■FORMULA E THE RIDE(フォーミュラE ザ ライド)
100%電動のフォーミュラカーに乗って、レースさながらに世界の都市を駆け巡るバーチャルライドアトラクション。ナビゲート役は声優の櫻井孝宏氏が務める。手元のコントローラーでコースを選んで、圧倒的なスピードと電気の走りによる、大迫力のレースゲームを体験しよう。

■NAOMI BEATS(ナオミ ビーツ)
見えないものを可視化する日産の新技術「I2V(アイツーヴイ)」を駆使し、日産ブランドアンバサダーである大坂なおみ選手とラリーを繰り広げる白熱のバーチャルテニス。I2V技術が向かってくるボールの軌跡を予測し、表示してくれるので、力強い球も正確にとらえることができる。事前予約制なので、気になる人は来場前に公式サイトをチェックしておこう。

上記2つに加え、走行する「日産アリア」と映像がリンクする、まるで本当に街を走り抜けているような臨場感あるエンターテイメントショー「ARIYA SHOW(アリア ショー)」を含めた3つのコンテンツが体験可能だ。

■THE CITY(ザ シティ)
日産が目指す、2つのビジョンをモチーフにしたインスタレーションを体感できる「THE CITY」。事故のない交通社会を表現した赤いレーザーは、人の動きを検知し、決してぶつかることはないという。列をなすクルマのように、自在に方向転換するレーザーの動きに注目を。また、クルマを起点に、エネルギーや情報が行き渡る様子を表現した光の柱も見どころだ。活性化する街の様子をイメージした幻想的な世界を、ぜひ体験してみて。

■お腹も心も満たせる充実の施設
ほかにも、日産が思い描くヒトと技術の未来を描いたショートムービーを上映する「THE LIFE」や、地産地消にこだわって開発したオリジナルメニューを提供する「NISSAN CHAYA CAFE」など、多様な施設がそろっている。クルマだけでなく、ショーやゲーム、食など、さまざまな形で日産の先進技術を体験できるので、ぜひ足を運んでみて。

※新型コロナウイルス感染症の対策として、開催にあたっては神奈川県のガイドラインに沿って十分な安全対策を講じます。また、混雑を避けるために一時的に入場制限を行う場合があります。
※オープン期間は、情勢を鑑みて変更する可能性もあります。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。