2020年9月18日(金)に、久屋大通公園の再開発の一環で、名古屋のシンボル「名古屋テレビ塔」(名古屋市中区)がリニューアルオープンする。「MIRAI TOWER」をコンセプトに、公園とつながっているかのような1階、トレンド感のある施設がそろう3階、栄エリアの夜景に華やぎを添えるライトアップなど、新しい魅力が満載。そこで今回は、進化する名古屋テレビ塔の注目ポイントを4つ紹介する。

■360度の展望と映像に感動!地上90mの展望台へGO!
リニューアル前から人気だった展望台はさらにパワーアップ!地上90mのスカイデッキには、全方向に映し出される映像装置を新たに設置。大迫力のプロジェクションマッピングが可能になった。また、今まで3階から延びていた屋外階段は、地上から展望台まで1本につながった。3密を避け、エレベーターではなくあえて階段を上るのもアリ!心地よい風を感じながら上ることができる。

■ライトアップが新しくなり、夜景がよりキレイになる!
1989(平成元)年からスタートしたライトアップの機能がバージョンアップ。LED照明を使用し、1670万色のフルカラー表現が可能に!ドット数も倍以上になり、より鮮明な画像を映し出せるように進化した。

■気軽に使えるカフェが充実!公園と一体化した空間も魅力
カフェは1階と3階にある。1階では間近に感じられる公園の緑に癒され、3階では開放的な眺望に心が洗われるよう。自然や眺望と調和した、ココならではのロケーションは必見だ。
1階のカフェ「Farm&(ファームアンド)」では、17時まではホットドッグとコーヒー、夜はアルコールとともに肉料理を堪能できる。3階のカフェ「base lab. 名古屋テレビ塔店」は、高品質な自社焙煎のコーヒーと、立体音響をテーマにした新感覚のカフェだ。

■かわいいオリジナルグッズも購入できる!
3階にあるショップ「多仲(たちゅう)」では、新たに誕生した名古屋テレビ塔のキャラクター「ウエミーヤ」をデザインした雑貨や、名古屋みやげに最適な菓子を購入できる。孫の手や耳かきなど日用品も、ポップなデザインがあしらわれているのが特徴だ。店名の由来は、名古屋テレビ塔の設計を手掛けた内藤多仲。記念品やみやげはココで!

最先端のトレンドで一新される名古屋テレビ塔。リニューアルオープン後にはぜひ足を運んでみてほしい。

※新型コロナウイルス感染拡大予防策として、職員のマスク着用、検温や消毒、入場制限などを実施。

●名古屋テレビ塔 / オープン日:2020年9月18日(金) / 住所:愛知県名古屋市中区錦3-6-15先 / 電話:052-971-8546 / 時間:施設により異なる / 休み:年2回メンテナンス休館 / 料金:入場無料
●スカイデッキ「MIRAI360(サンロクマル)」 / 時間:10:00〜21:00、土、夏休み期間などは〜21:40 / 料金:展望料高校生以上 900円(税込)ほか
●Farm& / 時間:10:00〜23:00(LO22:00)
●base lab. 名古屋テレビ塔店 / 時間:10:00〜22:00(LO21:30)
●多仲 / 時間:10:00〜19:00※季節・状況により異なる

※「東海ウォーカー」2020年9月号より転載。
※新型コロナウイルスの影響で随時情報が変わる場合があります。ご利用の際はできるだけ電話などの事前予約や確認をおすすめします。
※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。