福島県二本松市のあだたら高原リゾートは、8月1日から「あだたらイルミネーション」を開催中。9月5日からは初の試みとなる「LEDスカイランタン」をスタートした。イルミネーションとランタン、異なる光の絶景を楽しめるイベントの魅力を紹介しよう。

■ロープウェイから見下ろす初秋のイルミ

標高1700メートルの安達太良山、その中腹に位置するあだたら高原リゾート。冬季はスキー場のゲレンデとして使われる斜面に、約50万球のLEDを設置して行われているのが、「あだたらイルミネーション」だ。約240メートルにわたる5色のイルミネーション“光の天の川”をはじめ、LEDを張り巡らせた光のトンネル、花や動物をモチーフにしたイルミネーションオブジェなどを、街の灯りが少ない高原ならではの星空とともに楽しめるイベントとなっている。

2012年から毎年夏に開催され、標高差約400メートル、全長1500メートルのあだたら山ロープウェイ(中学生以上1300円、4歳〜小学生800円、税込)からは、眼下に広がるイルミネーションを見下ろしながら鑑賞できるのもポイントだ。8月中は連日開催だったが、9月からは金・土・日・祝日に開催する。

■特製ランタンを一斉に打ち上げ!参加者で作り出す光の絶景
イルミネーション会場で今年からはじまったのが、参加者が願いを記した短冊をLEDランタンに結び夜空へと飛ばすLEDスカイランタン。LEDを入れた特殊な風船を四角柱の和紙で覆ったランタンが一斉に浮かび上がり、イルミネーションとの競演が作り出す幻想的な光景を堪能できる。9月5日に初開催され、以降12日(土)、19日(土)、イルミネーション最終日の22日(祝)の計4日間にわたって実施が予定されている。

日本百名山・花の百名山にも選ばれた安達太良山のトレッキングやあだたら渓谷の遊歩道の散策、遮るもののない眺望が自慢の露天風呂が楽しめる日帰り温泉「あだたら山 奥岳の湯」と、昼間も自然の中でのんびりと過ごせるあだたら高原リゾート。手指消毒液の設置や窓を開放してのロープウェイの換気など、新型コロナウイルス感染症対策も実施している。

スカイランタン参加は事前予約制だが、既に各日予約で埋まっているという。残念ながら参加はできないが、イルミネーションの輝きとランタンの幻想的な様子を見に行ってはいかがだろうか。

■【新型コロナウイルス感染症対策】
・体調が優れない場合(発熱等)は来場をお控えください。
・来場の際はマスクを着用ください。
・各施設にアルコール消毒液を設置しております。手指消毒をお願いいたします。
・各施設(ロープウェイ、温泉、売店、食堂)でのチケット購入時は「社会的距離」の確保にご協力ください。
・ロープウェイは、搬器内に飛沫防止用シートを設置しております。最大4名様までの相席をお願いいたします。また、緊急時は6名までのご乗車をお願いする場合もあります。
・ロープウェイ搬器は、雨天時を除き換気のため窓を開放いたします。
・レストハウス食堂は密集を避けるため座席数を減らしています。
・感染防止のため、職員もマスクの着用と飛沫防止アクリル板越しの接客をいたします。
・各施設とも感染防止のため、随時アルコール消毒を実施しております。
・混雑時は係員の指示に従っていただきますようお願いいたします。
・ロープウェイは天候等により運行を見合せする場合があります
※感染対策については今後の状況により変更する場合があります。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

※記事内の価格は特に記載がない場合は税抜き表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。