千葉県の特産品といえば、ピーナッツ。9月5日、日本初(※株式会社ハレビノ調べ)となるピーナッツをテーマにした高級食パン店「ハピナツ」が千葉県松戸市にオープンした。

「ハピナツ」を手がけるのは、地元で7年間愛される「ベーカリーハレビノ」を運営する株式会社ハレビノ。より地元に貢献したいという想いを突き詰めた結果、千葉県の特産品のピーナッツをテーマにした新店を誕生させることとなった。

「ハピナツ」で販売している食パンは全3種。まずは「しあわせの生食パン」(税込800円)。純粋ハチミツ、北海道産生クリームを使用してリッチな味わいに仕上げ、耳までおいしく食べられる食パンで、ふんわりした食感と優しい甘さが感じられる。着色料・乳化剤・保存料・香料がすべて無添加で安心して食べられるので、大切な人へのプレゼントにもおすすめ。

トースト派にぴったりなのが「サクッとしっとり焼食パン」(税込600円)。毎日食べたい食パンを目指して作られた、トーストするとおいしい食パンだ。トーストすると、サクッとした表面の食感と内側のしっとりした食感、小麦本来の香りが楽しめるのが特徴。もちろん、「しあわせの生食パン」と同じく着色料等はすべて無添加で、店舗で販売するピーナッツバターと合わせて楽しみたい。

そして、目玉商品が「HAPINUTS〜ハピナツ〜」(税込800円)。ピーナッツとレーズンを混ぜ込んだ食パンで、ピーナッツのザクザクした食感に加え、優しい甘みと風味、レーズンの酸味と甘さが絶妙なバランスでマッチ。ほかにはない食パンは、特別な手土産や、千葉のお土産としてもぴったり。

店舗では、食パンのほかに厳選されたピーナッツバターも販売。食パンと一緒に食べたり、セットでギフトにしてもよさそうだ。

「仲良し」が花言葉のピーナッツのように、地域の人と“仲良し”になることを目指すご当地食パン専門店。朝食や自分へのご褒美、手土産などに、ぜひ試してみよう。

※新型コロナウイルス(COVID−19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

※記事内の価格は特に記載がない場合は税抜き表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。