タピオカブームもひと段落した今、新たな台湾おやつが注目されている。それは「台湾カステラ」。タピオカに続くブームとなるか大注目だ。厚さ8㎝はあるボリュームとプルプルとした食感は、カステラのようでちょっと違う不思議な味わい。行列のできる新食感を、体験してみよう。

■「台湾カステラ専門店 澎澎(ポンポン) なんばCITY店」

関西初の台湾カステラ専門店。メレンゲをたっぷり使い、90分かけてじっくり焼き上げたポンポン(650円)の生地は、シフォンケーキのふわふわ感とスフレのしゅわっとした口溶けが一度に味わえる新食感!

「何度でも食べたくなる食感を目指してレシピを作りました」とパティシエの木村綾香さん。

<台湾カステラ専門店 澎澎(ポンポン) なんばCITY店 住所:大阪市中央区難波5-1-60 なんばシティ本館1F(SIGN OF THE FOOD内) 電話:06-6631-7888 時間:11:00〜21:00※売切れ次第終了 休み:なんばCITYに準じる 席数:なし 駐車場:650台(200円/30分、土日祝400円/30分) アクセス:地下鉄なんば駅と直結>

■「台湾カステラ 黄白白 心斎橋店」

台湾の手法をベースに、新鮮なヨード卵の卵黄とメレンゲをバランスよく配合した弾力ある生地が魅力。京都産の高級抹茶を使った緑白白や純黒糖が香ばしい黒白白(各税込630円)もある。

「トースターで焼くと外はサクッ、中はふわっとした食感に」とスタッフの上西碧さん。

<台湾カステラ 黄白白(ファンパイパイ) 心斎橋店 住所:大阪市中央区西心斎橋1-6-5 アンクルサム周防町ビル1F 電話:06-6210-5332 時間:10:00〜21:00(最終焼き上がりは20:00) 休み:なし 席数:なし 駐車場:なし アクセス:地下鉄心斎橋駅より徒歩5分>

※「関西ウォーカー」2020年10月号より転載。
※記事内の価格は特に記載がない場合は税抜き表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。
※新型コロナウイルスの影響で随時情報が変わる場合があります。ご利用の際はできるだけ電話などの事前予約や確認をおすすめします。
※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。