群馬県前橋市の赤城大沼で、ボートに乗って楽しめる「赤城大沼ワカサギ釣り」が11月30日(月)まで開催中。

日本百名山の赤城山にあるカルデラ湖の赤城大沼は、標高1345メートル、面積は88ヘクタール、深さは最も深いところで16.5メートル。全面凍結する冬場には、関東では数少ない氷上ワカサギ穴釣りを楽しめるスポットだ。今の時期はボート釣りを楽しむことができる。

釣り場の相談は赤城大沼周辺にある「青木旅館」や各案内所で受け付けているほか、ボートや釣り竿セットのレンタルも可能。赤城大沼周辺の旅館に宿泊して、早朝からボート釣りを楽しむのもおすすめだ。

また、秋は湖面に映える紅葉と白樺が美しい季節。紅葉で赤や黄色に染まった、赤城山の景観を眺めながらボート釣りが楽しめる。なお、前橋市街地と比べて冬は10〜15度ほど気温が低いため、防寒対策は万全にしておこう。

紅葉を愛でながらボート釣りが楽しめる、「赤城大沼ワカサギ釣り」に出かけよう。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。