チャンネル登録者数28万8000人超え(2020年9月時点)のYou Tube「柴犬小春 Kohachannel」でおなじみ、柴犬の小春ちゃんによるWeb連載「柴犬小春Walker」。

近頃、気軽な旅の選択肢として車中泊の人気が高まっているそうです。愛犬と一緒のお出かけは楽しいけど、宿泊できる場所が限られたりする場合もあるので、ワンちゃんが快適に過ごせるなら車中泊もなかなかいいもの。

しかも、車中で泊まるって想像するだけでワクワクした気分になりますよね。今回は、小春ちゃんと飼い主さん一家がこれまで体験した車中泊をご紹介。

■2019年7月某日 10年ぶりにパパさんの思い出の地へ

小春ちゃんはこの日、パパさん(飼い主さん)とお兄ちゃん(飼い主さんの長男くん)と一緒にお出かけ。今回はパパさんの思い出の地に向かいます。

まず、到着したのは兵庫県相生市にある道の駅。夕方遅くに到着したのでお店は閉まっていたけど、目の前には海が広がっていて最高のロケーション。パパさんはとても気に入っていました。この日はここで車中泊です。

翌朝、リアゲートを開けると海から心地よい風が入ってきました。お兄ちゃんは心地よすぎて二度寝。

お兄ちゃんがやっと起きたので、相生市から赤穂市へと移動。この時、パパさんが訪れたかった場所は「伊和都比売(いわつひめ)神社」(兵庫県赤穂市)。お兄ちゃんがまだ赤ん坊だったときに来た場所で、鳥居越しに望む海をお兄ちゃんと小春ちゃんに見せたかったんだそう。

この神社は赤穂市で最も古く、目の前に瀬戸内海が広がる境内は市内でも有数の絶景スポット。キラキラと光る水面と潮風、いつまででもいたくなるとてもいい神社です。小春ちゃんもお兄ちゃんもどんな気持ちだったかな。

■2019年11月某日 神戸から高知県へ!海の駅で車中泊

この時もパパさんとお兄ちゃんと一緒にお出かけ。明石海峡大橋を通り抜け、淡路島を縦断し、高知県最東端にある海の駅へとやって来ました。出発したときはあんなに明るかったのに、到着したころには辺りはすっかり暗くなっていて、波の音だけが聞こえてきます。さすがに神戸からだと高知は遠い!

この日は、この海の駅で車中泊。外は真っ暗だし、前回に引き続きお店は閉まっているし、することもないので、後部座席に布団を敷いてまったり。あと気になるのが寝床。前回よりも快適になってる!

小春ちゃんは、お茶とミカンが乗った専用のコタツで上座を陣取ります。お兄ちゃんに夜食をもらって、車の中だけどボール遊びをして、眠りに就きました。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。