長崎県雲仙市で、普段は立ち入れない夜間の仁田峠を通行するバスツアー「雲仙仁田峠プレミアムナイト2020 秋期」が、10月24日(土)から11月2日(月)までの10日間限定で開催される。

「温泉」を「うんぜん」と読んでいた歴史もある雲仙。一説には比叡山・高野山よりも古くから霊場として栄え、その歴史は1300年前に遡る。日本初の国立公園・特別保護地区に指定された雲仙仁田峠は、落ち葉ひとつ持ち帰ることができない神聖な空間として、今もなおその生態系を保っている。

「雲仙仁田峠プレミアムナイト」は、1956年(昭和31年)の仁田峠循環線開通以降、禁止されている夜間の仁田峠への通行を特別に許可されたスペシャルバスツアー。標高1,080mの仁田峠から眺める満点の星空と、天草や島原の夜景は特別な思い出として心に残るはず。

ツアーには“特別な夜へのドアマン”として本イベント専属のナビゲーターが登場。雲仙を知り尽くした個性豊かなナビゲーターたちが、深い歴史と大自然をわかりやすく解説し、プレミアムな夜を演出してくれる。

新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い、これまでにあった実施していた雲仙ロープウェイへの乗車は取りやめとなったが、“新たな試みを実施する予定”とのことなので期待しよう。なお、座席数が通常の半分となっているので、早めに申し込むのがおすすめだ。

神聖な雲仙できらめく夜景と星空を楽しめる「雲仙仁田峠プレミアムナイト2020 秋期」で特別な秋の一夜を過ごそう。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。