すっかり秋めいて、肌寒い日も増えてきた今日このごろ。そろそろ今年のクリスマスの予定を考える人も出てくる時期だろう。「ホテル椿山荘東京」では、11月1日からクリスマスケーキの予約がスタートした。

女性に高い人気で、“ナッツの女王”といわれるピスタチオを存分に堪能できるのが「クリスマスピスターシュ」(直径14.5センチ×高さ5.5センチ、6500円)だ。ピスタチオ生地にピスタチオのバタークリーム、ピスタチオのヌガティーヌが層になっていて、ザクッとした食感と香ばしさが、ピスタチオ好きにはたまらない。自家製フランボワーズぺパンジャムの酸味がアクセントになっていて、濃厚なピスタチオの風味を引き立たせる、どこまでもピスタチオを感じられる贅沢な一品だ。

近年、専門店もできるほど人気のモンブランもクリスマスケーキとして登場した。「極 和栗モンブラン」(直径15センチ×高さ8センチ、1万円)は、熊本県産和栗を15粒も贅沢に使用。福岡県産八女茶の抹茶で作ったガナッシュを忍ばせ、渋皮栗とほろ苦い抹茶ガナッシュがマッチした大人の味。和の食材にこだわり、ツリーに見立てたデコレーションを施している。

さらに今年は、家族でクリスマスを過ごす人も多いということから、子どもと一緒に楽しめる、「おうちでオリジナルクリスマスリースケーキ」(2500円)を販売。リング状に焼き上げたガトーショコラに付属のサンタクロースやツリーなど、クリスマス装飾を自分で飾り付けることができるケーキだ。もちろん、クリスマス装飾はすべて食べられる。思い思い、好きなようにデコレーションして、オリジナルケーキを作るのも楽しいだろう。

今までとは違う、今年のクリスマス。自宅でゆっくり過ごすひとときにぴったりのクリスマスケーキを見つけよう。数量限定、予定数に達し次第販売終了。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

※記事内の価格は特に記載がない場合は税抜き表示・数量限定です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。