いよいよ紅葉シーズンが到来!東海エリアには紅葉名所は多いが、今回、紹介したいのが名古屋から気軽にアクセスできる愛知県犬山市の「寂光院(じゃっこういん)」だ。約1000本のカエデ類が美しい紅葉おさんぽコースを楽しみ、グルメや温泉も満喫しよう!

■歴史の赴き感じる「寂光院」を鮮やかに彩る紅葉に感動
「寂光院」(愛知県犬山市)は「尾張のもみじでら」と呼ばれる紅葉の名所。こまやかで愛らしい葉を付けるイロハモミジなど、約1000本のカエデ類が黄色から赤色へグラデーションを付けていく様が見事だ。見どころが多いため、おさんぽコースとして紹介したい。赤や黄色に色付く紅葉が両わきに見られる石段参道からスタートし、各ポイントを巡ろう。

まずは「千体観音堂」を目指そう。建立されたのは1984年で、千手観音、弘法大師、興教大師および千体の聖観音が祀られている。参詣はココから始めよう。

次は「不動堂」へ。「厄除不動」として信仰される不動明王を祀っている。本尊の石のお不動様は、弘法大師の御作と伝えられている。

そして、伝統的な寺社建築により重厚なたたずまいを見せる「本堂」へ。紅葉の見どころはココで、こまやかで愛らしい葉を付けるイロハモミジなど、カエデ類が黄色から赤色へ変化していき、独特な絶景を作り出している。また、本尊の「千手観音菩薩」は60年に1度ご開帳される秘仏だ。

近くにある「展望台」からは、南西に見える犬山城をはじめ、小牧山城や岐阜城を一望することができる。天気のいい日は名古屋駅前の高層ビル群や養老山地、伊吹山まで望める。

最後は、良縁の御利益がある弁財天が祀られる「弁天堂」。犬山の恋の縁結びの3大名所としてご朱印の授与もあるパワースポットだ。

【紅葉さんぽDATA】見ごろ:11月中旬〜12月上旬 / 歩行距離:約600メートル / 歩行時間:40分

※新型コロナウイルス感染拡大予防策として、換気の実施、ネットやFAXでのご祈祷、ご供養、お写経用紙の申込受付などを実施。ほか詳細は公式Webサイト参照。

●寂光院 / 住所:愛知県犬山市継鹿尾字杉ノ段12 / 電話:0568-61-0035 / 時間:24h ※スロープカーは8:00〜17:00 / 休み:なし

■犬山でぜひ立ち寄りたいおすすめスポット
「寂光院」の散策の際に併せて訪れたい、人気スポットも紹介する。「びすとろ MARU」(愛知県犬山市)では、地元で採れた無農薬野菜、三河湾の新鮮魚介といった旬の食材や、自家製のベーコンやハムなどを使った南欧料理が味わえる。昼はパスタやリゾットを中心にしたセット、夜はブイヤベースなどが登場するコースなどで楽しもう。

※新型コロナウイルス感染拡大予防策として、座席を減らしての営業など実施。ほか詳細は公式Webサイト参照。

●びすとろ MARU / 住所:愛知県犬山市五郎丸東1-108-1 / 電話:080-4227-0141 / 時間:11:30〜14:00、17:30〜22:00(予約優先) / 休み:火曜不定休

「さら・さくらの湯」(愛知県犬山市)は、岐阜の「明宝温泉」の源泉を利用。天然ラドンを含むアルカリ性単純泉は、肌に優しく柔らかな湯として評判だ。木々に囲まれた自然のロケーションも落ち着いた雰囲気で、露天風呂や内風呂で静かにゆったりと温泉を楽しめる。

※新型コロナウイルス感染拡大予防策として、人数の制限、3密回避の呼びかけを実施。ほか詳細は公式Webサイト参照。

●さら・さくらの湯 / 住所:愛知県犬山市大字前原字橋爪山15-2 犬山市民健康館内 / 電話:0568-63-3800 / 時間:10:00〜20:30(入館〜20:00) / 休み:月曜(祝日の場合、翌日) / 料金:入浴料高校生以上(税込520円)、タオル(税込100円)ほか