山梨県富士吉田市の富士急ハイランドでは、11月3日から12月13日(日)の期間、人気アニメ「Re:ゼロから始める異世界生活」(通称:リゼロ)とコラボレーションしたイベント「Re:ゼロから始める富士急ハイランド生活」を開催中だ。

“リゼロ”のTVアニメ第2期放送を記念して実施している今回のコラボイベント。2021年1月からは第2期後半クールの放送を控えるなどますます盛り上がりを見せるなか、富士急ハイランドの園内や周辺施設でさまざまな企画が展開され、“リゼロ”の世界を存分に体感できる。

■ゲームやアトラクション、グルメなど園内が“リゼロ”一色に!

【大好きなキャラと一緒に楽しむARラリー】
今回の目玉企画となるのが、スマートフォンを利用して楽しむ「スマホdeアドベンチャーARラリー」(税込800円)。「Re:ゼロから始める異世界生活 〜魔導士からの挑戦状〜」と題した完全オリジナルストーリーのゲームで、参加者は作中に登場するキャラクターのエミリア、ラム、レムのうち1人を選択。一緒に園内にある各ポイントを回り、クイズやバトルゲームなどに挑戦しながらクリアを目指す、という内容だ。

ゲームはバトルの勝敗や集めた情報により、クリア時のエンディングが各キャラ4パターン全12種類に変化するマルチエンド仕様になっていて、それぞれのエンディングの台詞は、今回のために録り下ろしたナレーションで聞くことができる。クリアした人には、エミリア、ラム、レム、エキドナの缶バッジをランダムで1つプレゼント。さらに、ARラリー参加者には、近隣施設の鳴沢氷穴、富士山パノラマロープウェイでARを起動するとキャラクターたちと記念撮影できる特典もついている。

【5人のキャラ×人気アトラクションが夢のコラボ】
期間中は、5人のキャラクターと人気アトラクションのコラボにもご注目。フォトスポットが設置されるほか、アトラクションの出発の合図や運転のアナウンスが各キャラクター仕様に切り替わる。ラインナップは「ナツキ・スバル×ええじゃないか」「エミリア×FUJIYAMA」「ラム×メリーゴーラウンド」「レム×ティーカップ」「エキドナ×高飛車」の5つ。この機会に絶叫系のアトラクションにもぜひチャレンジしてみて!

また、アトラクションに乗車してスタンプを集める「アトラクションラリー」(税込200円、アトラクション利用料金別途)も実施。対象機種はティーカップ、メリーゴーラウンド、ウェーブスウィンガー、鉄骨番長、トンデミーナの5つで、乗ってスタンプを2つ集めるとオリジナルステッカー全5種のうちランダムで1枚をゲットできる。

【オリジナル特典付きのコラボメニューも登場】
園内のレストラン「フードスタジアム」では“リゼロ”にちなんだコラボメニューが登場。オリジナルランチョンマット付きのフード(税込1400円)をはじめ、オリジナルコースター付きのデザート・テイクアウト(税込800円)、ドリンク(税込600円)を販売する。ランチョンマットは全2種からランダムで1枚、コースターは全5種からランダムで1枚プレゼント。こちらも逃さずゲットしよう。

【コラボイラストを使ったグッズも続々】
園内の「ショップFUJIYAMA」では、本イベント用に描き起こしコラボイラストを使用したクリアファイルやポスター、アクリルキーホルダーといったオリジナルグッズを多数販売。全6種の「トレーディング缶バッジ」(各税込440円)、全5種の「Tシャツ」(各税込3850円)など、推しキャラのグッズは要チェックだ。

■周辺施設でも関連企画が目白押し!

富士急ハイランドの周辺施設でも“リゼロ”の関連イベントを展開。鳴沢氷穴、富士山パノラマロープウェイ、ふじやま温泉、キャビン&ラウンジ ハイランドステーションインでは、希望者にオリジナルポストカードをプレゼントする(なくなり次第配布終了)。

富士急ハイランド隣接のハイランドリゾートホテル&スパ内にあるレストラン「MACARONI CLUB」、リサとガスパールタウンにある「レ レーブ サロン・ド・テ」「カフェブリオッシュ」では、期間中ノベルティ付きのコラボメニューを販売(ノベルティ内容は富士急ハイランド園内と同じ)。そのほか、富士急ハイランド・富士五湖と東京方面を結ぶラッピング高速バスや富士急行線とのコラボトレインも運行される予定だ。

“リゼロ”好きならぜひとも訪れたい本イベント。富士急ハイランドで作品の世界を満喫しつつ、秋冬のレジャーをたっぷり楽しもう!

(C)長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活2製作委員会
※記事内の価格は特に記載がない場合は税抜き表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となる場合があり、表示価格と異なる場合があります。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。