ラーメンの花形ともいえるチャーシューは、店によって部位や作り方が異なり、そのバリエーションは無限大。そのなかでも、ほおばると思わず笑顔になれる、東海エリアの絶品チャーシューラーメン3杯を紹介!
■こだわりのチャーシューは見た目もインパクト大
「焼豚ラーメン 三條(さんじょう)」(岐阜県羽島郡笠松町)は、豚バラ肉のチャーシューが大量にトッピングされた「焼豚ラーメン」(税込700円)が看板メニュー。肉質はもちろん、脂の入り方やカット方法にもこだわったチャーシューは、優しい味わいの鶏清湯(チンタン)スープがおいしさをあと押しする。
おすすめは、「焼豚ラーメン 肉盛り ニンニクトッピング」(税込1100円)。豚バラ肉を熟成させたあと、2日間かけて仕込むチャーシューが、通常の2倍の140グラムのせてあり、満足感がある。

●焼豚ラーメン 三條 / 住所:岐阜県羽島郡笠松町北及658 メゾンG5 1F / 電話:058-372-6971 / 時間:11:00〜21:00 / 休み:なし

■ボリューム満点の特大チャーシューに注目
「名代中華そば 常滑チャーシュー」(愛知県常滑市)は、厚さ2〜3センチ、長さ約15センチ、重さ120〜130グラムの特大チャーシューが2枚のる、ボリューム満点の「中華そば」(税込880円)が名物。チャーシューは時間をかけて丁寧に仕込むため、柔らかいだけでなく豚肉の旨味や歯応えも存分に堪能できる。
「中華そば」のスープは、たまり醤油ベース。ほんのり甘めで、チャーシューをほぐしながら食べると濃厚さがアップする。

●名代中華そば 常滑チャーシュー / 住所:愛知県常滑市榎戸町1-83 / 電話:0569-42-3355 / 時間:10:00〜14:30、土曜・日曜・祝日 9:30〜15:00※スープがなくなり次第終了 / 休み:火曜、月1回月曜不定休

■厚切りチャーシューの旨味がスープとも相性抜群
「中華そば 新谷(しんたに)」(名古屋市守山区)は、食べ応えのある厚切りのチャーシューと、昔ながらのあっさり仕立ての醤油スープにファンが多い。食べ進めるごとにチャーシューの旨味が徐々にスープに溶け出していくのが特徴で、最後のひと口まで飽きさせない。
「中華そば」(税込850円)のチャーシューは、約7時間かけて煮込むこだわりよう。豚の旨味と醤油の香ばしい風味が凝縮されている。

●中華そば 新谷 / 住所:愛知県名古屋市守山区四軒家1-1576 レーベン豊1F / 電話:090-9918-7923 / 時間:11:00〜14:30、土曜・日曜 〜14:30、18:00〜21:00 / 休み:月曜

※「ラーメンWalker東海2021」より転載。
※記事内の価格は特に記載がない場合は税抜き表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。
※新型コロナウイルスの影響で随時情報が変わる場合があります。ご利用の際はできるだけ電話などの事前予約や確認をおすすめします。
※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスクの着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。