とどまるところを知らないパンブームのきっかけの一つとなった高級食パン。東海地区でも専門店がまだまだ増えている。そこで今回は、この1年で名古屋にオープンした専門店や、食パンを看板メニューとする3店舗の食パンを紹介!

■厳選を重ねた素材で作る極上食パン
「マコト製ぱん所」(名古屋市天白区)は、食パンとバゲットの専門店。ほのかに甘く、もっちりとした食感の「マコト食パン」(ハーフ[1斤] 315円)は、小麦本来の味をしっかり感じられる逸品だ。4種類の小麦粉、奄美諸島の素焚糖(すだきとう)、沖縄のちゃたんの塩と、とことん厳選した素材を使用している。ハーフの販売は12時から。

【食パンDATA】おすすめの食べ方:トーストする場合には、あまり焼きすぎないようにするのがコツ / 狙い目TIME:10:00〜15:00 / 予約:可(あれば当日もOK)

●マコト製ぱん所 / 住所:愛知県名古屋市天白区元植田1-301 / 電話:052-799-3799 / 時間:10:00〜19:00※売切れ次第終了 / 休み:火曜

■甘くてもちもちな食パンは、トーストにもぴったり
「高級食パン 兼続(かねつぐ)」(名古屋市南区)の「兼続 」(ハーフ 税込440円)は、甘めの仕上がりでもちもち食感が人気の食パン。2種類をオリジナル配合した小麦粉、国産の生クリームやバター、ハチミツなどで焼き上げる。全9種類のトースト(税込180円〜)はイートンインで味わえるほか、テイクアウトも可能。

【食パンDATA】おすすめの食べ方:厚切りトーストにすると、歯切れのよさともちもち感を楽しめる / 狙い目TIME:12:00〜15:00 / 予約:可(前日まで)

●高級食パン 兼続 / 住所:愛知県名古屋市南区宝生町3-15 / 電話:052-619-6671 / 時間:10:00〜18:00※売切れ次第終了 / 休み:日曜

■しっとりとした口当たりの食パンは、保水性の高さが自慢
東京・恵比寿で人気のカフェ「ESPRESSO D WORKS(エスプレッソ ディー ワークス)」が、名古屋市中区にオープン。看板メニューの「One Hundred(ワン ハンドレッド)」(2斤 800円)は、しっとり柔らかな口当たりが特徴だ。これまで食パンの製法は、小麦粉100に対して水分は70程度とされていたが、水分100という比率での製法に成功。食パンはテイクアウトのほか、カフェのモーニングやランチで食べることができる。

【食パンDATA】おすすめの食べ方:トーストがおすすめ。焼いても柔らかさはそのままで味わうことができる / 狙い目TIME:なし、販売は11:00、14:00、17:00 / 予約:不可

●ESPRESSO D WORKS / 住所:愛知県名古屋市中区錦3-15-13先 久屋大通公園内 / 電話:070-2163-2742 / 時間:9:30〜22:00※食パンは売切れ次第終了、モーニング〜11:00、ランチ11:00〜17:00 / 休み:不定休

※「東海ウォーカー」2020年11月号より転載。
※記事内の価格は特に記載がない場合は税抜き表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。
※新型コロナウイルスの影響で随時情報が変わる場合があります。ご利用の際はできるだけ電話などの事前予約や確認をおすすめします。
※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。