好評のラーメン店とのコラボレーションしたスペシャル企画が今回も登場!北海道の気鋭の5店舗が、読者のために繰り出す期間限定メニューをお試しあれ。テーマは「初挑戦」。2021年の8月まで次々と限定麺が登場する。店主の日ごろの研究や、得意技を駆使した、今までにないラーメンを味わえるチャンスだ。<※情報はラーメンWalker北海道2021より>

■「我流麺舞 飛燕(がりゅうめんぶ ひえん)」(札幌市・豊平区)

 「ラーメンツバメ」や「札幌飛燕」など、札幌市内を中心に系列は全7店舗。なかでも「ヘルシーさ」と「食べやすさ」をコンセプトに据えるのがこの店だ。鶏白湯(トリパイタン)と魚介スープや焦がしラードを組み合わせながらも、油を極力控えてさっぱり味に仕上げるなど、独創性あふれるメニューを生み出している。

限定麺の「醤油らーめん」(900円)は、300グラムの極太手もみ麺を採用。食べ応えがありながらも、あっさりとしたスープと相まって完食必至。国産の背脂は、そのまま食べても、スープに溶かしてもよし。胚芽が練り込まれた加水率高めの極太の手もみ麺はモチモチ食感が特徴。小麦がスープに溶け出すと味の変化が楽しめる。店長の本間さんは、「山形の『ケンチャンラーメン』をリスペクトした一杯。極太麺は食べ応え満点です」と話す。限定麺の提供期間は2020年11月20日(金)〜12月9日(水)まで。1日15杯限定。

<住所:札幌市豊平区中の島1-9-4-14 営業時間:11:00〜20:00※180食が売り切れ次第終了 休み:木曜>

限定麺ラリーは2021年8月まで開催。続く2021年2月・3月は「麺部屋 綱取物語 真栄店」が登場するので要チェック!ラーメン好きにはたまらない本企画にぜひ参加しよう。

※限定麺を食べたい人は、当日必ず「ラーメンWalker北海道2021」を持参し、食券購入時または注文時に提示してください。食べられるのは1冊につき1名が対象です。なお、電子書籍版は対応していません。あらかじめご了承ください。

※5店舗の限定麺は、それぞれ内容も開催日も異なります。また、開催当日まで店主がブラッシュアップを重ねるため、メニュー内容、料金、開催日など、店の都合により予告なしで急遽変更になる場合もあります(定休日は除く)。

※限定麺は各店舗とも数量限定。素材の仕入れの事情などで、なくなり次第終了となります。限定麺の開催日時、数量なども変更になる可能性がありますので、事前に店舗HPやラーメンWalker公式Twitter(@ramenwalker)などでご確認ください。

※新型コロナウイルス(COVID−19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

※記事内の価格は特に記載がない場合は税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。