大阪に本店があり、全国はもとより台湾にも出店している食パン専門店「嵜本(さきもと)」が、ついに名古屋に初出店!2020年11月21日(土)に名古屋栄店が矢場公園のすぐ東にオープンし、12月5日(土)にはサカエチカにも出店するという。さらに今回の名古屋栄店のオープンに合わせて、同店としては初の試みとなる、食パンのサブスクサービスも開始するとか。気になるその詳細と共に、お店の全容を紹介する。

■海外にも進出を果たす、高級食パン専門店「嵜本」
大阪なんばに本店があり、日本と台湾で20店舗以上を展開する、高級食パン専門店「嵜本」。素材と製法を追求し作り上げた食パンは1本900円ほどの値段だが、贅沢な気分が味わえる特別な食パンとして人気を集めている。名古屋への出店は当初から検討していたが、なかなか条件に合う物件が見つからなかったのだそう。パン工房とカフェ、販売コーナーを合せ持った高級感のあるお店を作るための条件に合った場所がやっと見つかり、ついに名古屋に出店することになった。

■1回行くだけでも元がとれる?食パンのサブスクサービスとは?
各地に店舗を展開する「嵜本」だが、例えば宮崎市にある店では、自動車保有率の高い地域性を考慮し、ドライブスルーでパンが買えるようにしたり、若い世代が集まる都心部の店ではデザート系の”映える”メニューを充実させたりと、メニューや業態が各地でそれぞれ異なる。地域の文化、環境などに合わせて、地元の人に親しまれるような店舗づくりをしているのも特徴だ。

そして、今回の名古屋栄店の特徴となっているのが、喫茶店文化が根付く名古屋の人のためにと発案した、同店初の試みとなる「食パンのサブスク」というサービス。
月額税込1000円支払って会員登録すれば、看板食パン2種のうちどちらかの食パンが1本もらえ、さらに、以降はイートイン利用時に好きなトーストが1日1枚無料で提供されるという。カフェ利用時にスマートフォンで会員証を提示して、ドリンクとジャム3種もしくはバターを注文するのが条件だ。

例えば店内で食べるとトーストは「極美“ナチュラル”食パン」なら1枚280円。ジャムはプラス200円で3種類が選べ、トーストをオーダーすればドリンクはすべて200円になる。これで通常は680円だが、サブスク会員なら400円で楽しめるというわけだ。ジャムは16種類ほどあるので、毎日のように通っても、きっと飽きないはず。最初にもらえる食パン1本も含めて考えると、1回利用するだけで元は取れてしまうというかなりお得なサービスなので、パン好きな人はぜひ試してみてはいかがだろうか。

■シンプル&リッチ。個性の異なる2つの食パンを食べ比べ
そんな驚きのサービスを実施する「嵜本」のこだわり抜いた食パンを紹介しよう。「嵜本」の食パンは2種類。それぞれ製法や配合が異なる、全く違う味わいの食パンだ。「極生“ミルクバター”食パン」(1本税込950円)は生クリームやバター、蜂蜜などを配合した耳までふわふわなもっちり、しっとりした生食パン。そのまま食べておいしいことを追求した、リッチな味わいだ。

それに対して「極美“ナチュラル”食パン」(1本税込900円)は、小麦の風味を全面に出した、シンプルな配合の香り高い食パン。トーストすると香りがさらに増して、ザクっと歯切れのよいリーンなパンだ。どんな食材とも合わせやすいことを大切に作り上げた食パンで、店内のカフェで提供しているオープンサンドはすべてこの食パンが使われている。

■スイーツ系から食事系まで。具材たっぷりオープンサンド
店内のカフェスペースでは、食パンを使った贅沢なオープンサンドが数種類あり、ランチやデザートとしてゆっくり楽しむことができる。どれもパンが見えないほど具材たっぷりで、イチゴと生クリームでケーキのようなオープンサンドや、キノコとチーズがたっぷりの食事系トーストなども。3か月ごとに季節限定のオープンサンドも登場し、今なら「極美オープンサンド-キャラメルとシナモンアップル」(税込700円)、「極美オープンサンド‐北海道産マスカルポーネのティラミス」(税込850円)が11月末までの限定となっている。

さらにこのオープンサンドはショップコーナーで販売している嵜本オリジナルのジュエルジャムや蜂蜜が必ずどこかに使われていて、パンとジャムの新しい楽しみ方も提案している。北海道産のプチモッツアレラチーズとトマト、バジルをのせてマルゲリータピッツアのように仕上げた「極美オープンサンド-マルゲリータ」(税込800円)はオレンジを使ったジャムを味のアクセントにトッピング。オレンジジャムの酸味や甘味が重なることで、全体の味わいに深みが出ているようだ。

「嵜本」では公式アプリも登場し、ポイントをためたり、食パンの予約ができるなど、最新のシステムを導入。高級感のあるインテリアが施された店内には、ジュエルジャムのほか、1枚ずつラッピングされたスライス食パンもあり、どれも贈答品としても購入してもらえるよう、スタイリッシュなパッケージに仕上げてある。

スイーツショップを展開する会社が手掛ける食パン専門店だけあって、食パンをケーキのように贈り物にしたり、贅沢なスイーツとして提案する「嵜本」。食パン専門店が数多くなった昨今だが、サブスクという新しいサービスにチャレンジするということもあり、名古屋でもこれから注目を集めそうだ。

※新型コロナウイルス感染拡大予防策として、店内のアルコール消毒や従業員の検温、うがい・手洗いを徹底するほか、入店時に使用できるアルコール消毒液を設置。

●高級食パン専門店 嵜本 名古屋栄店 / 住所:名古屋市中区栄3-27‐27 / 電話:052-253-5791※開店前の問い合わせ先:(株)ドロキア・オラシイタ 0120-000-975(平日10:00〜17:00) / 時間:11:00〜19:00(カフェフード&ドリンクLO18:30) / 休み:不定休