鳥取県米子市にある米子市美術館で、令和2年度 米子市美術館 若手作家支援展「マツダケン展 みせられるもの」が1月24日(日)から2月21日(日)の期間に開催される。

この若手作家支援展は、地元では普段なかなか目にする機会のない郷土ゆかりの若手作家の活動を紹介し、育成・サポートしようという米子市美術館の恒例企画展。

本展では、鳥取県出身の画家でイラストレーターのマツダケンを取り上げる。1990年、米子市に生まれたマツダケンは、幼少の頃から絵を描くことが好きな少年だった。米子市役所の職員として働きながら、2016年頃から独学で生き物と植物の共生をテーマに制作を開始。ペンと水彩が織りなす繊細な作風は、SNSを中心に注目を集めてきた。

米子市役所を退職後、2019年4月からは関東に拠点を移し、本の装画や作品集・塗り絵集の発売など活動の幅を広げている。

動物の身体と植物が一体となったような幻想的な世界を描く気鋭の作家の展示会「マツダケン展 みせられるもの」に出かけよう。

■新型コロナウイルス感染拡大予防対策
【屋内・屋外区分】
屋内
【スタッフ対策】
手洗い・うがい・手指消毒/マスク着用/定期検温・体調管理の徹底/対人距離を意識した接客
【施設・会場内の対策】
窓口等に飛沫防止パーティション設置/配布物は手渡しを避け据え置き/定期的な換気/共有部分の定期的な消毒/消毒液設置
【来館者へのお願い】
三密回避/体調不良時・濃厚接触者の来館自粛/咳エチケット/入館時の手指消毒・検温/マスク着用/混雑時の入場制限
【その他】
入館記録用紙へのご記入をお願いしています。

※取材時点の情報です。新型コロナウイルス感染拡大予防対策・その他の最新情報は、公式サイト等でご確認ください。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。