鹿児島県鹿児島市にある鹿児島県立博物館で企画展「変な標本」を2月21日(日)まで開催中だ。

鹿児島県立博物館は南北約600キロメートルに渡る鹿児島県の自然や、そこに生息する生物の多様性などを紹介している博物館で、常設展示として、鹿児島の海、鹿児島の川と湖沼、鹿児島の山、鹿児島の大地、ディスカバリールーム、鹿児島の人々と自然のつきあい方、3D劇場などを行っている。また、県文化センターの4階別館では、恐竜化石などを展示し、プラネタリウムもある。

2020年現在、県立博物館には13万点を超える標本が保管されている。企画展「変な標本」は、収蔵されている標本の中から「何これ!」と驚くような珍しい標本や奇妙な標本を展示して紹介する企画展示だ。

収蔵されている標本の数は多いものの、その大部分がこれまで表に出ることがなく、一般非公開の収蔵庫でひっそりと眠っているもの。今回の企画展ではその膨大なコレクションから、博物館一押しの「変な」標本を一挙公開する。

この機会を逃すと次いつ見られるかわからない。企画展「変な標本」に出かけて、珍しい標本の数々を見てみよう。

■新型コロナウイルス感染拡大予防対策
【屋内・屋外区分】
屋内
【スタッフ対策】
手洗い・うがい・手指消毒/マスク・フェイスシールド着用/定期検温・体調管理の徹底/距離を意識した接客
【施設・会場内の対策】
窓口等に飛沫防止パーティション設置/定期的な換気/共有部分の定期的な消毒/消毒液設置
【来館者へのお願い】
三密回避/体調不良時・濃厚接触者の来館自粛/咳エチケット/入館時の手指消毒・検温/マスク着用

※取材時点の情報です。新型コロナウイルス感染拡大予防対策・その他の最新情報は、公式サイト等でご確認ください。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。